金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

経済切り抜き記事

 NIKKEI NETの切り抜き。すぐには問題にしないでしょうが、問題は深刻化するだけだということで。まあ、騒ぎになるのは来年でしょうね。

>商業用不動産向け融資、米銀の経営圧迫 証券化商品延滞率6倍
 【ニューヨーク=山下茂行】米国で商業用不動産向け融資が金融システムの不安材料としてくすぶっている。不況の長期化を背景に同融資を裏付けとした証券化商品の延滞率は過去1年間で約6倍に上昇した。金融機関が保有する同融資と関連の証券化商品の残高は約2兆ドル(約185兆円)と、金融不安のきっかけとなったサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資=1兆ドル強)を上回る規模。なお不安定な米銀経営を圧迫する要因になりそうだ。
 商業用不動産向け融資は、オフィスビルやホテル、ショッピングセンターなどの建設資金を貸し付けたもの。業界推計では金融機関の融資残高は約1兆3000億ドル。同融資を裏づけとした証券化商品である商業用不動産ローン担保証券(CMBS)は約7000億ドル発行されている。米調査会社リアルポイントによると、CMBSの延滞率は7月に3.14%と、前年同月に比べて2.65ポイント上昇した。

 あと、簡単に出口戦略と言えない状態。いったいどのくらい深刻なんでしょうね。欧州方面はw

>G20、民需の行方懸念 財務相会議、景気刺激を継続
 【ロンドン=大隅隆】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は5日、各国の景気刺激策を当面継続する共同声明を採択し閉幕した。共同声明は公的支出をテコに足元の世界経済の改善を指摘したが、民間需要の先行きは予断を許さないと判断。財政赤字増大などの懸念が強まっているにもかかわらず、各国は経済政策を平時に戻す「出口戦略」に動けないジレンマに直面している。
 「G20各国の断固たる政策協調で景気後退を止めた」。共同声明は、昨秋以来の世界各国による財政出動や金融緩和策を評価。世界経済は回復の過程にあるとの景気認識を打ち出した。
スポンサーサイト
別窓 | 経済 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<つまり「思いつき」でそ? | 金銀妖瞳千里眼 | あまりに情けない自民党なんだが>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。