金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ミンス政権その後

 さて、ミンスのマニフェストを前回くそまじめに考えたのだが、実にはならなかった。当然ですが、問題はそっからで、その後をどう読むかですね。で、あのマニフェストを全部できるわきゃないので、なんかやったふりするでしょうが、その影響ってのを考えてお得感に浸りましょうというのが今回の趣旨。一応投資のこと書くブログらしいのでw
 大和総研だったっけ?ミンス政権はGDPプラスとか出してたけど、くだらない計算だったねw
 ミンスの出方というのは本当にわからない・・・よって、まとめて書けないので、雑文書いて最後にまとめてみましょうか、ブレストじゃないけど^^

(勝手読み)
 ミンス大勝ちで衆院は安定、参院もほぼ安定でしょう。で、政界再編起こるとか言うのが多数だけど、大勝ちしてしまったミンスは政権にしがみつこうとするから再編なんか起こらないだろう。自民から参院議員が一部脱藩してしまえば、盤石になってしまうし。しばらくは社民党をおちょくるので終始するのでしょう。来年は参院選挙、そこで自民が負けてしまえばミンスは安定してしまう。
 まあ、ミンスが勝つというのは法律が今より楽に通るようになるので、「政策が前に進む(というだけの)」ことで将来に対する期待値は上昇すると思う。秋までは民衆の期待値は高いのでしょうな。その高揚感でどこまで我慢できるかですが、各論に入る頃には官僚様の抵抗があるでしょう、それは間違いなく冬。予算では必ずもめる。ただ、埋蔵金は1年分くらいはありそうだから、なんだかんだ言っても予算は組めるでしょう。そういう妥協点ぐらいはすでに目線はつけているでしょう。タコ殴りは厚生労働省と国土交通省ぐらいでしょうからね。
 で、ミンスの常套句はもう見えているので、うまくいかなければ「全て官僚(制度)が悪い」と責任を他人になすりつける態度に出るのは必定でしょうね。

 さて、アフォマニフェストの発動なんだが・・・こいつはまじめにやると景気悪くなるのはわかっているが、どうやら来年の予算に反映なんで景気はしばらくは麻生たんのテコ入れ分で持ちこたえるのかも。もちろん今年度の補正予算は組みかえると言っているので、どうなるかはわからんが、前から言っているように下半期にはもっぱつ追加の補正予算が必要なので、そこをやらないというならフラグは立ったも同然だ。
 その後、いろいろ無茶な法律まで通るだろうが、総じて来年の景気は悪くなるな。まあ、雨もみんな同じ病気にかかるだろうから。それは後述。

(期待は侮っちゃいけないな)
 やはり、ミンス大勝ち即売りは危険でしょう。
 で、選挙後しばらくは買いか様子見。9月10月は毎年急落するのはもはや年中行事なのでそいつは狙うが、冬は来年の期待を織り込むでしょうがちっとしか上がらない(下がらないけど)と見る。というわけで本気で資金を突っ込むことは避けたほうがいいと思う。
 じゃあ、本格的に売るにはってどうするかってことだが、わっちはたぶんキーワードは「出口戦略」だと思ってる。この「出口戦略」の言葉が躍った日にはみんな病気にかかったと思えばいいだろう。

 出口戦略は日本でもアメリカでも出てる話なんだが・・・こいつは実にやばい話でwww
 今まで景気対策をやってきたけど、景気が回復するとすぐに財政その他を切ってしまいズルズルいってしまうという歴史だった。今回もそうなる確率は高いとみる。普通の人には見たこともないような数字のテコ入れ策があるわけだから、ちょっとでも景気の数字が持ち直せばすぐに見直し=「出口戦略」となる。マスコミはこの出口戦略は非常にまっとうなことだと思うだろうから、実行される。かくしてまたもや経済は沈没ということですね。
 イメージで言うと財政政策というのは潮の満ち引きで浮力調整するようなものではなく、単純にミカン箱のようなものだと思うといい。そこそこの水準までいかないとミカン箱は外すべきじゃない。特に今回のような大惨事では、経済学者はみんな輪転機回すしかないと思っているのに、そこに常識人ぶって出口戦略で偉そうにされても困るんですがね。

(出口戦略)
・下半期の補正予算打たない
・来年度予算で公共事業その他ムダな支出を削ってしまう
 同じ意味で支出を削減して借金を返済してしまう
・日本銀行が金利を上げてしまう

 どれもこの1年以内にありそうなことだ。特に最近の日銀は現状認識がひどく、以前より輪をかけたように莫迦だから、金利上げをやってくる可能性は高い。このまえも委員の「潜在成長率が1%ないかもしれない」という衝撃的なコメントがあったにもかかわらずw
 基本、ミンスの判断は全部間違いだと見積もっていればいいので、あとはその間違った判断が実地に来るまで我慢しておけばいいってこった。
 みんな小泉-竹中を莫迦にしている連中だが、竹中の立ち回りがいかに微妙で一つ間違えれば瓦解寸前ギリギリのことをやっていたかは身をもって知ることになるだろう。

 まあ、地獄見るのは2010年度ですね。ミンスの政策実行と出口戦略は売りのフラグですね・・・ええ、わかりますw

 というわけで、もちっと様子見で行きましょうというのが私の現在のスタンス。その間はデイトレでもスイングでもシステム君の補助を受けて遊んでますよw

 これだけの伏線が張られるんだから、来年は完全に売りの年ですよ。そう私は決め打ちしてます。ディケイドもそうだしね^^
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<ミンスはコワス | 金銀妖瞳千里眼 | VF5R AKIRA STAGE 隠し曲>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。