金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

決着はついている・・・はずなんだが

 先に言っておくと、現在の主流派経済学とは「Neo Classical」だ。
 それ以外は傍流というか、全く存在価値がないどころか、有害ですらある。
 で、その傍流はほとんど主流派経済学から論破もしくは無視される形であったのだが、不況やバブル崩壊など事件が起こると傍流が主流派を批判して湧いてくることがある。その中で最も口汚く、激しく主流派を攻撃している連中・・・それがニュータントだ。

 さて、現存するNeoとNewの戦いは1990年代から激しくなった。一応、簡単に時系列で確認してみよう。

(ケインズ政策の失敗その後)
 1970年代世界中がスタグフレーションで苦しみ、低成長他で経済がメタメタになったことがあった。
 その時に主流派を非難して出てきた連中がマネタリストなのだが、その処方箋は通貨供給増大と減税(財政支出を減らす)と経済構造改革だ。
 で、雨だとポール・ボルカー(ケインズ大嫌い)が金利を猛烈に引き上げて資金を吸収し、財政支出も切って、政府部門の改善を行いつつ、サプライサイダー(注:サプライサイド経済学の連中・論理破綻)が支持したレーガン登場って具合だった。

 私はよく知らないが、実際、ボルカー他がやったことを考えれば、マネタリストの処方箋がスタグフレーション他の解決に役に立ったとはとても思えないのだが。
 ともかくマネタリストの連中は生まれたわけだし、その後、サプライサイド経済学というわけのわからないものを標榜する連中に雨政府が牛耳られるということもあって、経済学派の諸派が増えちまったな・・・でも、どうやら「ケインズは死んだ」ってのは本当らしい、ってのが当時の認識だった。

 でもね、そんな批判なんかもろともせずに当時も経済学の主流派はネオたんであり続けたのさね。これがわかってない人が多い。日本の安物のインテリなんか特にそうだ。ケインズは死んでないどころか、堂々と生きてるw

(そして大ゲンカ)
 レーガン・パパブッシュの間にFED議長が交代。緑爺(元トレーダーw)の登場だ。緑爺就任直後にブラマンがあったりしたが、事態は収拾。その後、シティバンクがつぶれるかという1990年台初頭の危機も乗り切り、クリントン時代の「IT革命」へと突入。それはいい・・・

 政権が共和党から民主党へ変わったことから、民主党はお金持ちに対して増税をする。固定観念で「民主党=大きな政府」とかの批判として共和党が減税一辺倒の主張をするのはわかりきっていたが、どうも様子がおかしい。減税の主張が理屈に支えられたような、そうでないような・・・イデオロギーか信奉に近い。その他、政策に付随する理屈付けに主流派経済学が用いられていないものが蔓延し始めていた。それを支えていた連中の1つがニュータントだ。政権時の共和党の後ろにいたサプライサイダーや政策プロモーターのロビイストに隠れて目立たなかったが、政権追われて連中がいなくなってしまうと、ニュータントだけが残ったって仕儀だ。

 それをクルーグマンたんが経済学会で「どうやら俺たちが相手にするほどでもないと無視していた経済学とも言えないものが、世間に蔓延しているのではないか?こういう間違った理屈が政策に影響力を持つようになると間違った方向に進んで大変なことになるのじゃないのか?」と報告した。これは「主流派の俺たちがそんなまがいものに負けるなんて、そんなことあるめえ」と軽く受け流されたのだが、「減税・小さな政府」「構造改革」「(国家の)競争力」なんてネオたんが普段使わない標語が世間に蔓延していたのは明らかだった。

 そのまがいものに対して、正面からニュータント(サプライサイダーとかもまとめて)に対して「お前たちはアフォだろ」と言ってしまったのがクルーグマンたん。アフォに向かって「アフォ」と言ってしまえば、蜂の巣を燃やしたような大騒ぎになってしまい、お互いに口汚く罵るようになってしまった。罵りあいというのは20年ほどあったんだが、ずっと無視していたネオたんが正面から喧嘩を買ってしまったもんだからね・・・ネオたんにも反省はあった。

「俺たちは世間に対して、わかりやすく説明したり、誤解を解くような語りかけをやってこなかったんじゃないか?専門用語や数式で一般人を丸めこむようなことをやってこなかっただろうか?だから、まがいものが氾濫したのかもしれない」

 そんな騒ぎの中でも、主流派ネオたんは安泰なんだけどね。つまりね・・・どれだけニュータントが騒ごうが、決着はついているのよ。

 とまあ、概略歴史はこうだ。
 細かいこと書くなら、サプライサイダーとかロビイストのあたりとか説明しないといけないんだけど、割愛ね。

 次はプロファイリングだ。

※まだ続く・・・いつ終わるんだ?このネタ・・・
スポンサーサイト
別窓 | 経済 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<New&Neo Classical Profile | 金銀妖瞳千里眼 | 新古典派vs新古典派>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。