金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

年収1000万円の優等生的生活

 憧れるんですかねえ・・・年収1000万円。

(FPちゃんとやれ)
 わっちもCFPではありますが、FPでアドバイスして表に出てくるやつにはとんでもないアドバイスをするやつが過半数だと思ってまして、中でも年収1000万円なのに貧乏なんでという人に対するアドバイスで笑ったりするわけです。じゃあ、模範的優等生の生活たるやどんな生活か考えてみたくなるじゃないですか・・・というわけで誰も書かない優等生的生活。

(年収1000万円の優等生的生活とは?)
 ざっくりの計算ですが、年収1000万円で贅沢しないとこんな感じになります。

収    入 1000万円
社会保険料  160万円
(給与所得控除)220万円
(その他控除)  80万円
(所    得)  540万円
所得税      110万円
住民税       60万円
手取り      670万円

なるほど、諸々引かれて手取りは670万円なんですね。
まだまだ引かれます。生活費上の固定費を引きましょう。
家賃       120万円
光熱費      25万円
通信費      20万円
定期代      15万円

手取り2    490万円

ざっくりこんなもんとしましょう。さらに消費税が引かれます。

(生活費)    180万円
消費税      20万円

手取り3    470万円

生活費     180万円

自由に使えるお金 290万円
ハイ大変です。1000万円稼いで、本当に自由に使えるお金って300万円しかないわけですよ。こっから貯蓄するのか、投資するのか、家族旅行に行くのか、子供の教育費は、さらには住宅ローンをもっと返していくのかとかを考えないといけませんが、300万円じゃあねえ、アナタ、あんまり大したことないじゃないですか。
だってこっから10年200万円も貯金したって2000万円しかたまらないんですよ。年収1000万円って人生でどれだけの期間維持できるんでしょうか?ねえ・・・

このケース、決して贅沢してませんね。だって、月の生活費は30万円レベルですからね。普通でしょう。車を持つとさらに生活は大変になります。地方で一家で2台も車持ってると更に生活は大変になります。
逆にコレより年収が少ない人は生活費を切り詰めてとなるが、年収1000万円でも月の生活費が30万円じゃあ、大した生活できません。

それを高所得者みたいに言われても困るわけですよ・・・お外を見てみれば物価上昇しない、円安で10年20年過ぎた結果、アメリカの物価はひでえ上がりようです。日本円で1000万円稼いでも外国出てみりゃ貧乏なもんですよ。

日本は間違いなく貧しくなりました。まあ、そうなるような状況だったし、そうなるような政策をやったし、そうなるように対応したし・・・でも、そうなるしか手がなかったわけさとも思うわけでね。
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<西部邁先生 | 金銀妖瞳千里眼 | 時代遅れなものは捨て去るしか>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。