金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

テイルズ オブ ベルセリア事情考察

 これは全体主義との戦いだ!!!


 ハイ今年もやって来ました、このブログの人気NO1である「テイルズ 考察」シリーズ。今回はベルセリアです。過去のはこちら・・・
「テイルズ オブ ヴェスペリア事情考察」
「テイルズ オブ エクシリア考察」
「テイルズ オブ エクシリア2事情考察」

「テイルズオブゼスティリア事情考察」

 ゼスティリアから1年半・・・ゼスティリアの世界を引きずってきたお話は・・・?

 今回はダウンロード版で買ってみました。


(考察)
 さて、全般の評価ですが・・・合格です。シナリオはちゃんとしてます。
 繰り返しますがキャラや映像クオリティはゼスティリアからほぼ進化ありません。
 アニメとポリゴンお芝居もそれなりにあり、お金はかかってます。
 戦闘システムも基本的に変わりませんが、ソウルシステムがなかなか秀逸です。
 ゼスティリアではイベントの演出とカメラワークなんかは結構ダメだったが、今回はオーソドックスな仕上がりで、過剰な演出もなし。
 というわけで問題となる点があまりない仕上がりで、やろうと思えばできるやんってことです。ゼスティリアは追加DL含めてゴミです。


 次にシステムですが・・・
 まず、戦闘システムですが、ソウルシステムがよくできていて、力押しでカウンターを受けるなどソウルが減った時の戦闘力の低さと言ったら終盤ザコに瞬殺される危険もあるほどで、テイルズ伝統のボタン連打だけで打開できるような代物ではないので、ちゃんと考えないといけない。とはいえ普通にやってる分にはブレイクソウル使いまくりで、バンバン強力な切り返しもできるので、戦闘中のストレスというのはあまりないのでやってて楽しい。戦場のシステムはゼスティリアとあんま変わらん。次回作もこの延長で頼む。
 サブイベントとかはある種の条件がそろえばとか難しいことはなく、シナリオを進めれば普通に現れるので、めんどくさい攻略サイトとか見なくても全部味わうことができます。もうこういう楽なのがいいですね。謎解きとかめんどくさいですしね。ずっと同じコメントですwww

 ミニゲームは多すぎてやる気おきんかった。
 あと武具のスキルは経験値制だが、普通にプレイしていて最後まで成長しきることはなく、ラスボスに強化武装で乗り込むことはなかった。ということはソウル+1とかもない状態で突っ込んでいるので、それはちょっといかがなもんかと。ちょっと強化に手間がかかりすぎ・スキル成長も遅くてだるい。

 クリアまで約70時間、攻略サイトの支援をほぼ受けずにたどり着けます。20時間はチャットやイベント、10時間は武器屋やメニューです。今は隠しダンジョン他全イベントクリアした段階で、おかげでただいまプレイ時間100時間・・・2週目できるんかな?

(テイルズのシナリオ勝手評価順)
 シンフォニア>>ディスティニー=ディスティニー2=ベルセリア>>アビス>ヴェスペリア=エクシリア2=エクシリア>>ゼスティリア>>>リバース
※ファンタジア・エターニア・レジェンディア他は知らん。

「無垢で愚かな弟のために、業火をまとった姉は弟とともに永遠の眠りについた」
 とてもよくできたお話で合格でしょう。

 ゼスティリアのダメさ加減と何が一番違うかといえば主人公の主体性で、スレイは運命にただただ受け身で、ベルベットは自ら動きまくるところが違う。この辺ANUBISを思い浮かべるとよい。1作目はウジウジ主人公だったが、2作目は熱血ディンゴで快走したことを思えば、やはり主人公には熱量がなければならない。

 今回の主人公は悪逆の限りを尽くすが、最後に自業自得で責任取るし、他に摂理に反した話はない。この辺問題なかろう。

 話としては2つ「全体主義との戦い」「思慮の足りない単純な子供の願いを叶える愚かな大人」で、いい感じ。この辺、現実世界でも戦わなければならないテーマで、もちろん最大の主犯は人間ライフィセットに決まってる。コイツは悪い奴やでw

 ここまで良いんだが、あえて問題を書けば・・・

 結局「自分のことは自分が決める」という決めは、実はライフィセットの愚かな願いと同等なんだが、シナリオライターになぜこれがいけないことなのかを求めるのは高度すぎて無理だろう。というかゲームでこのでかいテーマを表現するのは無理かもしれん。自分で決めるといっても、自分で決められないものがたくさんあるんだよ、ホントはね。

 モアナ=子供の泣く芝居は見たくない。臭い芝居でしらける。

 ビエンフー、うっとうしい・面白くない・クサイ。

 ザビーダが非常にうっとうしい。問題は前回書いたこれと同じで
「天族はコント状態。やらなきゃいけないことを留保してやらずにだらだら過ごしていることをgdgdにした感じで、結局、成り行きからさっさとやれや!ってな展開なので、中学生レベルのシナリオ展開。もじもじ悩んでいる姿が非常にイラつく時間を招来する。どうせやるんでしょと」

 周辺含めて何を悩んでいるのか。

 他にアルトリウスも自身の絶望を食らわせるなら、3年もベルベットを泳がせることをせずにさっさとしろやとか、細かい突っ込みはいっぱいありますが、その辺全部無視できるレベルです。 

 おまけだが、かめにんが醤油で煮込まれた話は笑った。今までしらけまくりだったが、まあ醤油で煮込む話は許そうw


(テイルズのMUSIC勝手評価順)
 ディスティニー2>>>>>シンフォニア=ディスティニー>アビス=ヴェスペリア>>エクシリア2=ゼスティリア=ベルセリア>リバース=エクシリア
※ファンタジア・エターニア・レジェンディア他は知らん。

 特にこれわと印象に残るような曲はなかった。ラストダンジョンと隠しダンジョンの曲が好きだ、以上。
 桜庭たん・・・相変わらず不作ですよ。なんとかならんですか?別にヴァルキリーアナトミアも不作なんで、ネタが尽きたのかしらん・・・

(ゲーム事情考察)
 今のところ売り上げ34万本。前作ゼスティリアは40万本だったので、どう考えるべきか。

 ゼスティリアで信用を失ったと考えるか、ゲームが売れない時代でよく頑張ったと考えるべきか・・・前者だと思うんだけどね。テイルズの客は高齢化してると思うね。だからダメなものを出すとちょっとずつ客が離れて脱落していく。子供たちをひきつけながら大人も楽しめないといけないシナリオつくりってのは、しんどい話やねえ。ただね、子供は莫迦じゃないから行間を想像させるのは無理だけど、ちゃんとしたシナリオでやれば必ず子供もついてくると思うけどね。大人に合わせるべきかと思う。

 34万本だったら、売上14億円ですかね。まあ、1年半の製作期間と映画1本と考えるとトントンかなあ。儲かってる感じはしないよね。敵キャラとか戦闘システムもかなり使いまわしてるんですけど、今のテイストとクオリティで行くなら、その辺全然かまわないと思うんだがね。


 というわけで、今回の調子でいいので、次回作もいいシナリオで頼む。

スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<トランプの手割論 | 金銀妖瞳千里眼 | 状況確認>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。