金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

幻の内閣総理大臣賞

 子供の頃の記憶がささーって。

(あの内閣総理大臣賞)
 子供の頃に知り合いの頭のいい女の子が作文書いて内閣総理大臣賞もらってたのよね。小学生だったから、内閣総理大臣直々に作文をお褒めくださったのだと、そりゃすげえな日本一じゃねえかと思っていたわけだよ・・・

 で、あれから何十年も経って・・・内閣総理大臣は作文1つ読んじゃいねえよ。大臣賞、審議官賞、局長賞などなど、要するに1等賞が内閣総理大臣賞だってことを知って軽くショックだった。なんだよ、もうちょっと権威のあるもんだと思ってたが、何の事はない事務局の提案したものと御用学者とか御用有識者が作文読んで賞を決めているだけのことだ。
 しかも、作文で賞をとるのは文章の巧拙ではなく、その時流に沿ったテーマに沿った文章かどうかで、要するに政策のダシに使えるかどうかが判断基準だ。

 そんな話を知り合いから聞いて、ちょっとショックだったんだ・・・総理大臣直々に褒めてくれるはずだったんだよ・・・違うのかい?

(御用学者・有識者)
 何やらマイナスイメージがつきまとう御用学者という言葉だが、わっちは悪いとは思ってないよ。実際世の中を動かそうと思えば動かせるんだぜ。
 選ばれるのは簡単、官僚たんの政策に合うかどうかだけだ。合わなければ当然呼ばれない。もちろん面接がある。アナタのもとに官僚たんもしくは元官僚たんが会いに来たら、そりゃ面接と同じで、気に入ってもらえると御用学者として呼ばれることになる。御用学者の意見など無論参考にしない。粛々と事務局で手続きが進んでいくだけだ。
 ところがだ、その手続の段階でいろいろツッコミを入れると今度は官僚たんが「あの人は何を言っているんだ?」と逆に御用学者側にご説明に来る。委員会や審議会でしょーもないことを発言されたら困るからだ。ココが世の中を動かすポイントですぜ。
 当然、御用学者側もそんなことは承知しているので、何か差し込みたい考えがあるならその場を使ってやってくる。場合によっては採用されて事務局案が修正されることもある。そうゆうせめぎあいもやろうと思えば出来る。

 有識者という方が相当怪しい。市井のアナリストだのコンサルタントだの、いわゆる政策プロモーターのほうが地に足ついた議論をせずに、なんとなくの改革案をぶち上げるだけで実際に実行はできないものばかりをいたるところで言い募るのだから始末が悪い。無能増田も御用有識者もいいところで内実何もできない奴だが、うまく使われるだけ使われて、変な肩書がいっぱいあるわけだけど、その実偉くもなんともないんだよね。
 こんな話は知ってる人はみんな知ってるが、改めて知り合いから聞いたんで、まあ世の中そんなもんらしいっすよ。
 
 まあ、わっちは学者のほうが、よっぽどマシな人間だと思ったのさ。自分の分野からはこれだけのことは言える。よその分野にも自分の専門と照らしてこうゆう理解もできるんではないか?という態度の人はまともな人が多い。自説を開陳して、なんでこれをやらないんだと言ってくる学者は莫迦です。
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<家を売りました | 金銀妖瞳千里眼 | 殺人事件起こるな>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。