金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

コマンド「何もしない」

 お待たせしました(待ってねーよ)

(自尊心が表面化してきた時にどう振る舞うべきか?)
 ISILに流れてくるイスラムの若者とか、韓国のおバカな振る舞いとか、北ぴょんの無慈悲な振る舞いとか、沖縄の叫びとか、毎度毎度流れてくるこれらのニュースを見ながらなにか思わなかっただろうか?わっちは同じだと思ってました。しかも、わっちは何しろとか言わなかったしね。これらに共通するものったら「dignity=自尊心」だ。奴らは自尊心が傷ついたから何か叫んでるわけさ。

 さて、相手が「自尊心が傷ついた」などと大声あげて前進してきた時どうするか?というのにちゃんと対応できる人というのは日本にはほぼいないとわっちは思う。
 権力者なら制度改革や職業斡旋等々、得利を示して抑えこもうとするだろう。
 政治家なら評判を気にして話くらい聞くだろうし、政治的に利用できるかどうか算段くらいするだろう。
 外交上手と思ってる政治家も相手と話し合いに行こうとするだろう。
 官僚なら問題が小さいうちにと、何かしらの解決策を出して、さっさと問題を葬り去ろうとするだろう。
 市民団体とか人権派弁護士とかは話を聞けとか話し合いしろとか要求するだろう。

 問題が発生したなら解決しなければならないという刷り込みが僕ら日本人のデキる人の脳みそにはあるのだから、何らか行動するか、自分はどうするかわかっていても、わかってない上司からそうゆう命令が来る。
 
 ただ、これらの行動は自尊心を言い募る連中には意味が無いどころか、さらなるエスカレートを招いて問題が拡大することがほとんどで大抵ろくでもない結果に終わる。だって、原因と解決方法が違うから。そりゃそうでしょう。心が傷ついたって言ってる奴にじゃあお金を払いましょうで解決しませんからね。安物の裁判思い出してもらえれば理解してもらえるかと思う。

(先人の知恵を借りよう)
 こうゆう時に外交官の言葉ってのは参考になる。別に誰ってわけじゃないんだけどね。ジョージ・ケナンでもマキャベリでもいいよ。ただし、ここでゆう外交官はもちろんリアリストね(要復習)。ウィルソニアンは解決策持ってない。あいつらは莫迦だからw
 彼らがゆうのは簡単。

「ほっとけ」

 以上。

(関わり合いにならない)
 人間というか民族は昔から国家を作って外国から防衛してたんだけど、相手がいるもんだから外交もやるのよね。当然諍いだって起こるわけ。お金の損得や人命がどうとかももめるけど、そこは人間で国家も名誉を重んじるのよね。別に体裁重視は中国だけじゃないんですよ。欧州だって草原の中央アジアの国だって無礼を働かれたら怒るわけ。
 日本の戦国時代だって国同士の外交はあったんだから。武田に攻められて城を失った今川が上杉に「助けて~」って手紙送ったら、城持ちでない大名が直接上杉当主に同格で手紙をかくのは無礼だって、手紙を半年以上も放置プレーされたことだってあったんですよ。
 損害受ければ補填すればいい、人命が失われたら謝罪と賠償すればいい。名誉が傷つけれれたら謝ればいい。作用反作用で対応すれば良いのだ。ところが作用反作用の法則を逸脱して、相手が勝手に自尊心を言い募ってくる場合がある。不利な条約とか、不利な講和とか、そうゆう時に国民が怒りだすとかなんとかで相手にクリンチしてくるのですな。
 こうゆうときは解決策がないのよね。だから「何もしない=ほっとけ」というのが正解なのだ。まじめに相手にしない、関わり合いにならない。

(応用してみましょう)
 さて、下衆なことですが実際に当てはめてみましょう。

 ISILについては彼らの標榜しているものはフランスとイギリスの引いた国境線を認めないとか、イスラム原理に回帰するとか、外国のイスラム教徒は立ち上がれとか、そうゆうことを言い募ってるわけ。言ってることは西側に踏みにじられた自分たちの自尊心のことだよね。この際現実の残虐については置いておく。ということはこうゆうのとは交渉自体が成り立たないから、ほっとく、空爆等々で勢力が伸張しないように自滅を待って封じ込めておくというのは妥当な対応だ。現実の対応はいろいろ問題があるが、結果としてはそうなっているだろう。あまり問題がこじれるとイスラエルが笑うというのもあるからそのへんも考えなければならない。
 これに、例えば岡本行夫たんとかわかってらっしゃる人たちはテレビでも何でも聞かれても何も答えない。今のままで見守るしかないと。解決策がないからだ。まさかテレビで「ほっとけ」とは言えないからねw
 ところが莫迦はいろいろ言うよ。「ISと話し合え」とか「ISの言うことにも一理ある」とか「アメリカ(だけ)が悪いんじゃあ」とか。こういう風に言った人たちは世界の見方がおかしいから、莫迦の烙印を押していい。耳を傾けてはいけない。

 北ぴょんはテレビや労働新聞でご説ごもっともな勇ましい言説を垂れ流しているが、交渉するだけ無駄だというのは言わずもがなだろう。約束は全て反故にされるし、ほっとくのが正解だと。拉致被害者には悪いが、自滅を待つしかなかろう。

 韓国が慰安婦問題を蒸し返してきてどうたらこうたら、こういうのもちゃんと証拠を用意してほっとくのが正解だね。大体原因は韓国国内にあるのだから、条約不履行するというなら、それ相応の対応をすればいいのにと思うが、現実は日本政府は韓国の話を聞くって態度だから、困った話よねえ・・・原因を取り除かないかぎり日本が何しようとも絶対解決しないよ。無視。
 同じく在日の問題もそう。

 沖縄の話も同じ。結局、うちなんちゅの心が傷ついたと知事が言ってるだけで、何の解決策も持ち合わせていないのだから、話し合いなんかしなければいいし、今までの努力も反故にするなら支援も元に戻すべきだし、普通に対応すればいいだけだと思うのだが。だが、政府は話を聞くという態度をとるのよね。ディズニーとかの話をしちゃいかんでしょ。そうゆうの良くないよ。
 もうね、沖縄が疲れるまで待つのが良いと思うね。あと沖縄は言葉遣いに気をつけたほうが良いと思うね。

 というように、キャッチボールできない問題が出てきたら、キャッチボールしなけりゃ良いんだ。
 ところが「なぜ政府はこうしないんだ」とか「こうすれば解決できるよ」とか、何かできる・なんでしないんだとか言った政治家や記者・ネット民識者なんかはよく覚えておくことだ。全員莫迦の烙印を押していい。物事は自分がそう考えるような思考を相手も持っているわけではないのだ。そういう意味でそういう奴らは他人を軽んじ莫迦にしていると思う。
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<人生においてお勉強はしておくべき | 金銀妖瞳千里眼 | ああもう年末ですね>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。