金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

あけましておめでとうございます

 今年もよろしゅうに^^

(体力が回復中)
 正月ダラダラしていたおかげで、今にして思えば12月はやはりしんどかったんだなあと思う次第。まだ風邪は引いてないが、引きかけというのはあったので養生に越したことはない。
 さて、昨年中は痛メール多発で書く気力が失せた部分もあったが、今はバッチリ対策したので今年は大丈夫でしょう。今のお仕事が落ち着いたら毎週1本ペースに戻れるかと思いますね。

 今の目下の相手先は富士通ですな。いろいろ要望を言いまくりですね。

(舛添要一たん)
 猪瀬直樹があまりの不甲斐なさでね。自ら「政治家としてアマチュアだった」というのはピタリということで。
 政治家が何らかお金を受け取ることはあるのでしょうよ。それがバレて追求された時に正直に話して許してもらおうと考えるか、その場を乗り切ろうと考えるか、どちらが良いかということなんだが、今回の件でよくわかっただろう。
 猪瀬直樹は誠実であろうとしたんだね・・・それが色々なルールに抵触することになって自沈することになるんだけどね。
 でも、正解は中曽根康弘や竹下登みたいに、どう考えてももらってるけど、証人喚問だろうがなんだろうが、堂々と潜り抜けるって、政治家に必要なのはそっちですよ。(どうしてこういう考えがテレビとかで出てこないんだろうね。昔はこういうことを言う人が少しはいたもんだけど)
 
 なんて事を言っていたら、とある高級官僚たんから「正解」という言葉をもらって「君、面白いね」って話になって、酒飲みまくりとか(帰りの電車で吐くかと思ったw)

 そんな中、舛添要一たんの話になってね。この人の評価はすこぶる悪いんだよね。確かに知識は時代遅れだし、いろいろ政策も古い知識と経済学など門外漢の知識は間違っているなど問題が多いのはまるでその通りなんだけどね。
「じゃあ、そこまで言うなら都知事選出てみませんか?」
 って言ったら
「いやあ、僕にも家庭を守らないといけないから」
 ということですた。そんなもんでしょうね。

 その他、何人かの人と話したけど、やはり舛添要一たんの評判は知識面では全く駄目みたいですね。わっちでもそう思います。ということはテレビでしゃべっている程度のことしか官僚の前で言えてないんだよね。それじゃあ、みんな莫迦にしちゃうわけだよ。
 でもね、根回しして話をまとめる能力はあるんだよね。この話をすると大体渋々納得する方に話が進むんで、舛添たんの力ってのは自分で何かを推進しようとしたらダメなことになるけど、ちゃんとした方向に話をまとめて物事を進める能力はどうもありそうだってことになる。

 これが舛添要一たんの人物評価かな。都知事になるんかねえ。自民党も過去を水に流して舛添たんをうまく使えばいいのに。

※東国原なんか話にもなりませんでした。「莫迦」すら肯定してもらえなかったよwww

(毎度の靖国神社)
 もう毎度の騒ぎになるので非常に鬱陶しいネタですが・・・ちょいとこの手の話を手割りをしてみましょう。

1.なぜ今なのか?
 賛成はするわけですか?タイミングが問題と言いたいわけですな?
2.中国と韓国が反対している
 そりゃいつでも反対するでしょうよ。
3.A級戦犯が合祀されているところに為政者が行くのは反対
 立派な考え方の1つかと。しかし、このままでは永久に行けなくなる。
4.ヒトラーの墓参り
 ドイツ系の芸人が炎上したようだが、事情を知らない人が比喩を使うとああいうことになるのかと。
5.アメリカが失望と言っている
 アメリカの不興を買うからダメだと言いたいわけで。古いロジックw

 と、まあまあ以上のような話がマスコミ方面から流れるのですが、全部どうでもいいのかと思いますね。

 クスリと流れるのは「戦後レジームの変更」の話ですかね。これの話ですよね、アメリカ・中国がやってるのは。韓国は莫迦だからこの辺全く触れないんでね。で、安倍たんはまさかこれの変更を狙っているわけではないはずでね。
 というのも東京裁判がいかにクソだろうが、サンフランシスコ平和条約を受け入れたことで現状の体制があるわけで、それの変更を安倍たんが狙っていると騒ぐのはあまりにも滑稽でね。
 でも、この体制下から考えても現状は状況が変わっているので、「中国・韓国が文句を言いつつ日本が一歩引く」という戦後レジーム下でやって来たこの外交態度(政治家も官僚もね)はもう改めたいということなんだよね。この話だったら誰も反対せんでしょ。調子に乗りまくりの場面があまりにも多いんでね。一歩引くことがろくな事になってない。

 さて、安倍っちに裏で助言しているのが岡本行夫たんと岡崎久彦たんでありましてね。上記のことなどとっくにわかっているのですから、とりあえずアメリカに理解を求めつつ戦後の外交態度の変更を図るんでしょうかね。それをわからずに色々言うのは全部莫迦扱いでいいんじゃないですかね。
 雨は失望と言っているが、国務省が言っているだけで、国防省はなんも文句言ってないんだよね。日本は民主党国務省に対するパイプがないみたいでね。しばらくは国務省の発表より、国防省の発言を追いかけることで現状を見るしかないと思いますな。そのうち現状を理解したら国務省は何も言わなくなるでしょう。
 中国の防衛識別区は順調に米空軍と航空自衛隊に踏みにじられ続けているようですけどね。そういうのが現状だと思われですな。

※韓国は中国にも雨にも良い顔しているのが行き詰まって、今年大変なことになると思いますよ。日本は全ての関係をやめることですな。日本のありがたさを全くわかってない連中にはお仕置きが必要かと思いますね。中国側の勢力に行っても問題ないでしょう。雨もなんで韓国引き止めに固執するかねえ?韓国は中国のずるさを知れば、文句行ってるだけで仲良くしてくれた日本の優しさがわかると思うんだけどw
 個人的に案件が来たら、ルールの範囲でみんな潰そうかと思ってるw

 続きはまた今度。今年もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<PAPEPO整理中 | 金銀妖瞳千里眼 | SANS SOUCI>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。