金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

細かすぎて伝わらない北京(ぺいちん)態様

 この前のは余興で、ホントはこっちは本文w

(長城ツアー)
 バスツアーの中国人どもが約束の時間を守らないなど、もはや当たり前のことではあるのだが、明王宮・明十三陵ではなんとかガイドのおばちゃんは10分程度の遅れを我慢したものの、長城からの帰り15:20集合予定にも関わらず3人組の中国人がやって来ないので15:40に見捨ててそのまま出発とかwww
 後は自力で帰れってんだが・・・バスツアーの待ち時間我慢は20分らしい。良い物見れたw

(王府井の呉裕泰茶荘)
 高級茶で有名な当店だが、横で抹茶アイスとジャスミン茶アイスを売っている。抹茶アイスのスペルが「macha ice cream」なんで、「まちゃ?」とか思うが、ここの抹茶アイスは行列である。
 小さいくせに1個6圓もするんだが、抹茶アイスはそれなりに美味しい。んが、しかーし!土台のコーンがパッサパサで、トータルとして食えたもんじゃない仕儀になる。良いお茶使っているなら、コーンにまで気を配れってのが、中国品質。

(北京ダック屋)
 全聚徳はいたるところにお店があって、なんやかんやで満員ですげえ混んでる。とても1人ではいけなかった。
 
 わっちの行った北京ダック屋は混んでるし、注文したら「50分かかる」とか言われてそれでも待つってことにしたが、15分で出てくるとか。味は日本で食べてるのと同じ。ネギも変わらんな。
 しかも、酸梅湯頼んだら、でかいデキャンタみたいな入れ物で出してきやがって、いくらなんでも1人で待つのに1リットルも酸梅湯飲むかよ!って。26圓。莫迦じゃないのか?
 閉店間際(21:30過ぎ)になって客が減り始めると、わっちのテーブルの横で従業員が何人も堂々と夜食を食べ始めてた。彼らは排骨や鶏の唐揚げを麺の上に乗せてタレを掛けて食べてた。そっか、北京は米じゃなくて粉なんだなと改めて思うとか。しかし、客の食べ残したキレイであろう北京ダックを捨てずにいくつも机の上に残してあったが、あれは後で従業員が食べるんだろうか?確かに、北京ダックは中国人の給料からすれば北京ダックはべらぼうな値段するので高級料理に違いはないのだが・・・あの後始末がわからん。

 名誉のために店名は伏せといてやる。

(前門大街)
 再開発されてレトロ風のコンクリート建物になったようで、まるで門司港レトロのようなしょうもない外観にw

(都一処)
 前門にある乾隆帝が愛したシュウマイ屋。
 もし、乾隆帝が愛したのがあのままの味であるというなら、宮廷料理も大したことないんだなと。

(セブン-イレブン)
 北京にもセブン-イレブンはそれなりにあるのだが、従業員が荷物を運ぶのに足でバンバン押してやがったので、セブン-イレブン流教育は行き届いておりませんなと。

(日式緑茶)
 緑茶なのに砂糖が入っているのが中国流。統一など中国製は基本砂糖入り。1つだけ砂糖が入ってない中国製のお茶があるのだが、ある地元商店で買ったら製造日が7月のもので、全く売れてない様子。
 他に手に入れようとしたら日系のコンビニで「おーいお茶」とか買うしかない。

(月餅)
 たくさんありすぎて選べん・・・

(声が掛かる)
 王府井歩いてたら、メガネかけた若い女が「カワイイ、カワイイ」って言いながら近寄ってくる。無論、怪しさは爆発。

 頤和園でも、わっちが日本人だと中国人の地図売りのおばちゃんはすぐにわかるらしい。おばちゃんは「り”ーべん=(日本)」と言ってたので、地図を売りつけようとするのだが、無視してたら、今度は英語で「MAP、MAP!」って地図を売りつけようとしてくる。
 まあ、この手の人達は大量にいる。

(乞食)
 乞食は基本的に目立たないところにいるのが常だが、北京は結構派手。
 
 地下鉄の中で木の札をカスタネットみたいに鳴らしながら歩きまくるおじいちゃんがいくらでもいる。
 天安門広場につながる地下道にもたくさんいる。

 当局は見えないというなら見過ごすって姿勢だな。人目、特に外国人の目につくところにあると排除しようとする。

(露天)
 北京駅の広場や歩道橋などにある。中国人というか漢人の割合が低いような。どっちかというとウィグルとか漢人以外の人達が露天をやってる感じ。北京駅はそういった漢人以外の人達が少なからずいるし歩いている。

 無論、歩道橋の露天は警察は見つけ次第撤去させるんだけど、夕方には元通りとかw

(くちゃくちゃの訳)
 北京だけなんでなんとも言えないが、中国はとにかく紙幣がよれよれくちゃくちゃ。なんでそうなんだろうと思ってたら、いわゆる「わしづかみ」というのが原因だ。普通は紙幣は2つに折るとかが、どの国でも普通なんだが。
 紙幣はくちゃくちゃだし、破れてるし、一部欠けてるしで、ありえないような惨状で、自動券売機に認識されないなど酷い有様さね。
 さらに紙幣に限らない。

 そう思ったのは帰りの飛行機。
 航空券を機械に通して、半券を返してもらおうとしたら、中国人の姉ちゃんが半券を真ん中から握りつぶして渡してきた。
 つまり、中国人はそういう「つかみ方」をしているわけだ。

(地下鉄の話)
 ドアが開いたら、降りる人より、乗る人が押し寄せてきて降りられないなど普通のことw

 エスカレータ前の警備の警察のおちゃーんは水飲んでる、新聞読んでる、寝てるw

 自動改札機は結構故障してる。

 社内では大声出すおっさん、電話するおっさん、客にぶつかりまくるおっさん。素行が悪いのはいつもおっさんw
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<まともなゲームがしたい | 金銀妖瞳千里眼 | 北京(ぺいちん)行>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。