金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

北京(ぺいちん)行

 大都は広かった。そして、ちょっと考え方を改めたよ。ありきたりのこと書いてもしょうがないので、わっちの視点から書いとこう。いつだってわっちが知りたいのは普通の人達の暮らしだ。

(行ったとこ)
 天壇公園 行く値打ちはあるな。
 故宮博物院 台北と合わせ技一本。
 八達嶺長城 とにかくしんどい。
 頤和園 ここもしんどい。

 基本全部回った。

(空気)
 わっちの鼻くそはちょいと黒くなったよwww

(思ったより普通)
 中国というか北京はもうちょっと息苦しい世界かと思ってたら、思ったより普通。みんな普通に生きているみたい。城市の物価は決して安くないし、乞食だって方々にいるけど、そんな世界は程度問題としてはどこにもあるわけでね。地下鉄や広場などで警察とかいるけど、まともにチェックしているような感じもほとんどしないので、形だけってことかな。
 インターネットは笑える。見事にgoogle.co.jpやnikkei.comなど、日本固有の情報・ニュースサイトはことごとくつながらないようになってる。しまった、米系のサイトもつなげてみるんだった。

 要するに王朝が特権の人民に変わっただけで、特権人民の政治に反対しなければ下々は普通に生かしてやるよって世界だ。トラブルに巻き込まれないことをお祈りするような世界かな。その点では日本よりは息苦しいだろう。

(ご飯)
 北京の人は「北京のご飯はおいしい」というが、決してそうではないな。無論、高いお金を出せばおいしいモノは食べられる。だが、普通のご飯は地元ではおいしいとされていても、決しておいしいとは言えないレベル。
 北京ダックは食べたし、本場の麻婆豆腐も食べたし(めちゃくちゃ辛かった)・・・中国の食レベルは分かったような気がする。停滞してるなw

 1つわがままで、庶民の人が食べるような食事を用意して食べさせてもらった。これは結構ショックだったね。
・乾いたような白いご飯
・麻婆豆腐ではない味のしない臭豆腐?
・川魚の揚げたやつのあんかけ(小骨がいっぱい)
・醤油味の小さなこんにゃく
・チンゲンサイのぶつ切りの野菜炒め
・何かの麺が入った味のしないスープ
・きゅうりの漬物
・白菜の漬物

 正直、全てにおいてまずい。これがホントの庶民のご飯・・・らしい。
 また、大人数で直箸で一緒に食べるので、あれじゃあ感染症とか出たらバンバン広がっていくわけだよ。
※良い子は真似しないほうが良いと思う。

(物価)
 観光に時間を取られて自由な時間がほとんどなかったから北京中心部しか行けなかったんだけど、北京中心部の物価は総合すると東京と変わらない。郊外は安いのかもしれないが、わからん。

 新光天地。太公路にある高級百貨店。売ってるものは百貨店なのでそれなりのお値段だが、B1の食料品売場が笑える。ベアードパパがあった。シュークリーム1個8圓なので日本と同じ値段。食料品は東京よりは安いが庶民が買えないような値段。ところがペットボトル系はなんとそこらのコンビニより安いという。標準的な500mlの水が2.5圓(コンビニは3圓とか3.5圓とか)。コカコーラやスプライトは2.5圓。ミニッツメイドが3.5圓。
 なるほど、水よりスプライトのほうが安いってのは聞いてたけど、ホントにそうなのねって仕儀。

 AMPM。王府井にあるオサレなショッピングセンター。安物のノードストロームって感じ。
 5F6Fがフードコートになっているが、ここで飲んだタピオカミルクティーがぬるい。つーか、北京の「冷」って全般的にぬるいものが出てくるw
 日本で全滅したハーゲンダッツのお店があった。しかし、シングル33圓(600円くらいですね)なので、めちゃんこ高い。
 衝撃なのはここに「丸亀製麺」が出来る予定、隣にとんかつの「さぼてん」、さらに隣が「度小月」出店予定でコケそうになるw

 スターバックス。行かなかったが、全般的に日本より価格は高い。
 マクドナルド。スパイシーチキンバーガーセット18圓。飲み物は言葉が通じないので「Coke」って書いたら、おばちゃん英語読めなかった。「口可口楽」って書くのはめんどくさいんだが。

 要するに海外系のお店は地元の人からするとみんな高いってことだね。

(iPhone結構あるぞ)
 中国での販売シェアが低いのなんのと言われているが、長城でも北京中心部でも結構iPhone見かけたぞ。要するに都市部じゃ普通で、都市じゃないところは泥主体ってことじゃないのかね?

 ついでだが、北京のアップル(AMPMにある)で初めてiPhone5sとiPhone5cを触ったwww
 相変わらず地図がクソすぎて笑える。何台も地図ソフトを立ち上げて思いっきり東京と大阪を表示しておいてやったw

(交通機関)
 ハッキリ言って、この都市にしては非常に貧弱。
 地下鉄は鋭意建設中だが、1編成6両なので全然輸送能力が足りない。オリンピックで急速に作ったのもあると思うし、昔からある1号線2号線が6両編成ってのもあると思うが、後々問題が大きくなると思うな。しかも5号線とか4号線とか縦と横の駅の乗り換えが非常に不便。
 国鉄はさらに便数が少なく、信号システムが脆弱で全然ダメ。まともなシステムは事故起こした新幹線の方かもしれない。

 何やらいろいろ作ったようだけど、とてもじゃないけどごりっぱと言えないくらい遅れてる。中国の鉄道システムはまだまだやることがあると思う。

(工事など)
 ここがわっちの真骨頂だが、中国の工事は「ちゃんとやろうと思ったらちゃんとやってる。ちゃんとやる気がないとボロボロ」ってことだね。施工現場を見た限りではね。
 どこかの国は歩道のタイルがことごとく歪むという莫迦仕様だったが、中国はそんなことない。ちゃんと並んでいるし、施工現場もちゃんと並べることを確認していたから職人に心があればいいものは作れる。無論、北京オリンピックで急速に工事した跡はたくさんあり、縁石やブロックが崩れ去る・割れるなどというところもたくさんあったというのがホントのところだ。

 わっちは中国はええかげんな国かと思ってたんだけど、そんなことはないと思う。ちゃんとやり方を教えて、その通りにさせればちゃんとしたものを作る能力はある。そんなことは製造業の人達はわかっていたから中国に進出していたと思うが、中国でのものづくりってやり方次第なんだなと思う。この点は考えを改めようかと思った。
 要するに中国はまだまだ発展するし、海外向けは無論、国内向けの品質の向上だってまだまだその余地は十二分にあると思う。まあ、債務問題については踏み倒すだけのことかと思うんだが、まあ乗り越えるんでしょうとwww

(英語)
 なんか変な感じで、お茶買う時も店員と英語で喋ってたし、アメリカ人と思しき人達にいろいろ声かけられるとか・・・わっちは声かけられやすいんやろうか?

 頤和園から帰ろうって時にアメリカ人に声かけられたんだけど、「入り口あっち」とか教えていたら、「あなたの英語はとても上手ね、よく聞こえるわ」って奥さんに発音褒められたよw


 まあ、行ってよかった北京。夕焼けは見られなかったんだけど、またいつか行ってみたいなと思う街だ。
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<細かすぎて伝わらない北京(ぺいちん)態様 | 金銀妖瞳千里眼 | 愛する京都が>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。