金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

スティグリッツの言葉

 良い訳があったのでちょいと転載してメモ。
 ちなみに解説している小笠原某は全然こっち方面の経済学の理解が足りない人かと。
 それと地球温暖化のくだりはどうでもいいと思うから、別の課題に投資するって読みかえれば十分理解できる。

>>>

The Post-Crisis Crises Joseph E. Stigliz 2013/1/7

NEW YORK - In the shadow of the euro crisis and America's fiscal cliff, it is easy to ignore the global economy's long-term problems. But, while we focus on immediate concerns, they continue to fester, and we overlook them at our peril.

「ユーロ危機とアメリカの財政の崖に隠れているため、我々は、世界経済の長期的な問題を見失いがちである。しかし、我々が目下の懸案事項に気を取られているうちにも、そうした長期的な問題は深刻化している。我々は危険を承知でそうした問題を見逃しているのである」

The most serious is global warming. While the global economy's weak performance has led to a corresponding slowdown in the increase in carbon emissions, it amounts to only a short respite. And we are far behind the curve: Because we have been so slow to respond to climate change, achieving the targeted limit of a two-degree (centigrade) rise in global temperature, will require sharp reductions in emissions in the future.

「最も深刻なものは地球温暖化である。世界経済の成長率が鈍っているために、二酸化炭素排出量の増加のペースもそれに応じて鈍っているが、それも暫しの休憩に過ぎない。我々は目標からはるかに遅れている。我々の気候変動への対応が大変遅いので、地球の気温の上昇を2度に留める目標値を達成するために、将来さらに厳しい二酸化炭素の排出削減が必要となる」

Some suggest that, given the economic slowdown, we should put global warming on the backburner. On the contrary, retrofitting the global economy for climate change would help to restore aggregate demand and growth.

「経済が停滞しているので、地球温暖化の問題を棚上げすべきだと言う者がいる。それどころか、世界経済の構造を気候変動に対応することができるように改良することが、総需要の増加につながり、成長を取り戻すことになるのである」

At the same time, the pace of technological progress and globalization necessitates rapid structural changes in both developed and developing countries alike. Such changes can be traumatic, and markets often do not handle them well.

「同時に、技術進歩と国際化のスピードが速すぎると、先進国においても、そして、途上国においても急速な構造変化が求められるが、そうした変化は大変に衝撃が大きく、市場が上手く対応できないことも多い」

Just as the Great Depression arose in part from the difficulties in moving from a rural, agrarian economy to an urban, manufacturing one, so today's problems arise partly from the need to move from manufacturing to services. New firms must be created, and modern financial markets are better at speculation and exploitation than they are at providing funds for new enterprises, especially small and medium-size companies.

「大恐慌は、農村からの移動、つまり農業経済から都市の製造業中心の経済に移行することが困難であったことも原因であったが、それと同じように、今日の問題は、製造業からサービス産業へ移行する必要があることも原因である。新しい企業が作られなければならない。そして、現代的な金融市場は、新しい企業、特に中小の会社に資金を供給すること以上に投機や搾取が巧いのである」

Moreover, making the transition requires investments in human capital that individuals often cannot afford. Among the services that people want are health and education, two sectors in which government naturally plays an important role (owing to inherent market imperfections in these sectors and concerns about equity).

「さらに、そうして構造が移行するためには、個人としては行うことのできないような人的資本への投資が必要となる。人々が必要とするサービス産業には健康と教育があり、この二つの分野で政府は重要な役割を果たしている(こうした分野では市場が完全に機能することがなく、また、平等を確保するためにである)

Before the 2008 crisis, there was much talk of global imbalances, and the need for the trade-surplus countries, like Germany and China, to increase their consumption. That issue has not gone away; indeed, Germany's failure to address its chronic external surplus is part and parcel of the euro crisis. China's surplus, as a percentage of GDP, has fallen, but the long-term implications have yet to play out.

「2008年の危機が起こる以前は、世界経済の不均衡の問題、そして、ドイツや中国など貿易収支の黒字国が消費を増加させる必要性について、よく話がなされた。そうした問題はなくなっていない。事実、ドイツが慢性的な貿易黒字に対応できなかったことがユーロ危機の本質である。対GDPでみた中国の黒字は落ちてきているものの、しかし、長期的にはまだ解決された訳ではない」

America's overall trade deficit will not disappear without an increase in domestic savings and a more fundamental change in global monetary arrangements. The former would exacerbate the country's slowdown, and neither change is in the cards. As China increases its consumption, it will not necessarily buy more goods from the United States. In fact, it is more likely to increase consumption of non-traded goods - like health care and education - resulting in profound disturbances to the global supply chain, especially in countries that had been supplying the inputs to China's manufacturing exporters.

「米国の貿易赤字は、米国の国内貯蓄が増加し、そして、世界の金融取り決めに関して根本的な変化がなければ解消することはないであろう。前者(米国の貯蓄増加)は、米国の景気を一層悪化させるであろう。そして、どちらの変化も起こりそうにない。中国が消費を増加させても、必ずしも米国製の商品を買う訳ではない。事実、モノの消費を増やすよりも、医療や教育のようなサービスの消費を増やすことになりそうだ。そして、その結果、中国の輸出業者に対して部品を供給してきた国々の供給体制に混乱をもたらすであろう」

Finally, there is a worldwide crisis in inequality. The problem is not only that the top income groups are getting a larger share of the economic pie, but also that those in the middle are not sharing in economic growth, while in many countries poverty is increasing. In the US, equality of opportunity has been exposed as a myth.

「最後に、世界的に格差の危機が起きている。問題は、最上位のグループが経済のパイのより大きなシェアを確保していることだけではなく、中流階級が経済成長の恩恵を受けていないことである。一方、多くの国の貧困は増しているのである。米国において機会の均等は神話になっている」

While the Great Recession has exacerbated these trends, they were apparent long before its onset. Indeed, I (and others) have argued that growing inequality is one of the reasons for the economic slowdown, and is partly a consequence of the global economy's deep, ongoing structural changes.

「今回の景気後退がこうした傾向を悪化させた一方で、そうしたことは以前から明らかであった。事実、私たちは、こうして格差が大きくなっていることが景気悪化の一つの原因であり、また、世界経済の深刻な構造変化の結果でもあると論じてきた」

An economic and political system that does not deliver for most citizens is one that is not sustainable in the long run. Eventually, faith in democracy and the market economy will erode, and the legitimacy of existing institutions and arrangements will be called into question.

「多くの国民の期待に応えることのない経済と政治のシステムは、長期的にみて持続可能なものではない。最終的には、民主主義と市場経済の信頼が損なわれ、既存の体制の正当性に疑問が投げかけられるであろう」

The good news is that the gap between the emerging and advanced countries has narrowed greatly in the last three decades. Nonetheless, hundreds of millions of people remain in poverty, and there has been only a little progress in reducing the gap between the least developed countries and the rest.

「良いニュースがある。それは、新興経済国と先進国との格差がこの30年間で大きく縮小してきていることである。しかし、それでも何億人もの人々が貧困の状態にある。最貧国グループとそれ以外の国々の格差は僅かしか縮まっていない」

Here, unfair trade agreements - including the persistence of unjustifiable agricultural subsidies, which depress the prices upon which the income of many of the poorest depend - have played a role. The developed countries have not lived up to their promise in Doha in November 2001 to create a pro-development trade regime, or to their pledge at the G-8 summit in Gleneagles in 2005 to provide significantly more assistance to the poorest countries.

「不公正な貿易取り決めがある。正当化できない農業補助金は、最貧国の多くが依存している農産物の価格が上がらないように圧力をかけているが、そうした農業補助金が存在しているのである。先進国側は、2001年11月にドーハで約束したこと、つまり開発型の貿易体制を作ると言った約束を果たしていない。或いは、最貧国にさらなる支援を行うとした2005年のグレンイーグルスの約束を守っていない」

The market will not, on its own, solve any of these problems. Global warming is a quintessential "public goods" problem. To make the structural transitions that the world needs, we need governments to take a more active role - at a time when demands for cutbacks are increasing in Europe and the US.

「市場は、それ自身ではこれらの問題を何も解決することはない。地球温暖化は、典型的な「公共財」の問題である。世界が必要とする構造シフトを果たすためには、我々は政府にもっと積極的な行動を取らせる必要がある。欧州と米国で、緊縮の要望があるときであるから」

As we struggle with today's crises, we should be asking whether we are responding in ways that exacerbate our long-term problems. The path marked out by the deficit hawks and austerity advocates both weakens the economy today and undermines future prospects. The irony is that, with insufficient aggregate demand the major source of global weakness today, there is an alternative: invest in our future, in ways that help us to address simultaneously the problems of global warming, global inequality and poverty, and the necessity of structural change.

「我々は、現在の危機に悪戦苦闘しながら、長期的な問題を悪化させるように振る舞っているのではないか、自らに問うてみなければならない。緊縮財政派によって示される道は、現在の問題である経済を弱め、そして将来の見通しを暗くする。皮肉であるのは、総需要が弱いために現在、世界経済が弱体化しているが、しかし対案があることである。将来に投資するのである。地球温暖化の問題と格差と貧困の問題、そして、構造変化に対応しなければならない問題に同時に対処するような仕方で将来に投資するのである」
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<単にメモ | 金銀妖瞳千里眼 | ボケてきてる>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。