金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ドイツの改心など望み薄

 へさべさの概況w

(意外と早いなw)
 2月に騒ぎになって、3月にギリシャがとりあえずの大団円で、それから1ヶ月あまりなんとなく良い感じだったのに、この度また騒ぎになったということですかね?
 ではこの状況を確認しておきましょう。

◯ギリシャ
 3月に過半の債務を踏み倒したにもかかわらず、選挙の結果、緊縮策を受け入れないならばEUの追加融資が受けられず6月危機とか。
 まあ、選挙で国民がすぐに音を上げたのはしゃあないとしても、もはや統治能力すらないわけで・・・いずれかの時点でEU離脱かと。離脱したら大変なことになるというけど、債務は半分以上踏み倒したし、目玉のCDSも清算されちゃったしで、大した事にならないかと思うね。離脱するのはいずれかの時点だし、EUが見捨ててギリシャが更に苦難の道を歩むことになってももう自己責任ってことで良いのでしょう。
 というわけで、もうギリシャはどうでも良いと思うので、ニュースはスペイン他の信管くらいにしかならないのかと。

◯スペイン
 無理に財政を切ったお陰で失業率が凄いことになってて大変そうですなあ。というわけで財政切りすぎて手にするはずの成長を失ったかもしれんと揶揄される始末ですけど、スペイン政府はわかってないってのが正解かと。時間さえ稼げればってところかな?

◯ポルトガル
 スペインに同じ。

◯イタリア
 なんか首相がやり手みたいで平穏無事ですねえ。財政をむりくり切るという暴挙をやってないみたいで、とりあえず莫迦な事にはならなさそうです。こういう風にマネージすればいいのにと思う。

◯イギリス
 保守党がめちゃくちゃ財政切ったせいで不満溜まってますねえ。暴発するのはもうちょっと先かもしれんね。
 しかし、EUに参加はしてもユーロに参加しなかったのは正解だったのかもね。

◯フランス
 で、状況が変わったのがフランス。
 あんまり詳しくないのだけれど、要するに財政を出してドイツと財政協定について再交渉するって話だが、これについての反応は見ておけば良いと思う。莫迦だという人もいれば、その通りという人もいて、当然ながらわっちは後者ですが、案の定サマーズやクルーグマンも同じようで財政緊縮派をアフォ呼ばわりしております。

 細かいところを見るとおそらく財政支出はくだらないものがてんこ盛りなのでしょうけど、それは外野からはわからんのでそれなりに頑張っていただくとしても、とりあえず言ってることは正解だと思うのよね。実際そうやるかどうかは別なんだけれども。
 そして、市場は財政再建派が多数派ですから、フランスの動きを莫迦莫迦とこれからも言い続けるのでしょう。

◯ドイツ
 相変わらず財政規律一辺倒ですから処置なしです。

◯ECU
 金利下げたりもろもろ・・・正しい認識と行動をしているのでしょう。まさに時間を稼ぐ政策です。

◯IMF
 今回のフランスとギリシャの事態を目の前にして沈黙を守っていますね。アメリカの影を言う人もいるけど、そういう事があったとしてもラガルドは動ぜず行動してきたはずなのに、今回音沙汰なしと・・・何を考えているのでしょう?裏でこそこそ画策しているような気がしないでもないので動きには気をつけるべきかと。
 相変わらずラガルドについては日本の識者って人たちの反応がいまいちなんだけれど、ラガルドの判断はまともなんで、市場が荒れるときにはよくよく注意すべき人物だと思う。こんな事言ってるのわっちぐらいですよ?何で?

(落とし所は見えてるらしい)
 FTによればそうらしいんだが、まあ、ドイツの面子を潰さずにフランス・ドイツが仲良くやってますって演出をするためにはどうしたら良いのですかねえ?ということですね。
 ただ、おそらく財政に関しての正解は債務危機国の財政緊縮のスピードを緩めて、代わりにドイツ・フランスが財政支出を出す(※)ということになるので、それに反する動きが出てきた時に市場がどう動くかを考えるべきかと思いますにゃ。市場は常に財政再建論者が幅を効かしているので、つけこむ隙はあると思うし、連中が真っ青になる場面もひょっとしたらあるかもしれんね。なんせEUはほっておけば詰んでいますからw
 ECUは莫迦なことはしないでしょうし、IMFも必ず事態を収集する方に動くので、連中が対応を失敗すると思わないほうがいいと思う。

※EU諸国はGDPに対する貿易比率が高いので1国の財政支出は相当部分国外に出るだけという批判があるけど、その通りなんですが、だったらEU全体ではEU圏外に対する貿易比率は低いので、EU内でどこかが財政出せば良いって話になる。要するにギリシャやスペインに財政切れというなら、自分たちが代わりに出せやって話で、それをやらないというから話がおかしくなってくるw
 それをやらないならドイツだけEU出ていけって話だと思うんだけどね。まあ収集つかなくなるのは必定なんで、出ていけないとわかるでしょう。だったら残るためにはどうするかって考えれば、ドイツが今考えていることが残るための方策として間違ってるとわかるでしょうに・・・まあ、アメリカの陰謀だとかでクルーグマンとか罵ってればいいんじゃないかな?w
 ユーロが安くなったら輸出ドライブでドイツが稼げるようになって(ryという解説をいくつも見たけど、もう読むに耐えません。w


 まっ、というわけで財政再建良い子ちゃんが我を通して相手を莫迦莫迦罵っているうちに、みんな炎上してしまって顔が引きつるところが見たいのです。見たいでしょ?わっちは見たいですw
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<いろいろ準備中 | 金銀妖瞳千里眼 | 結局信義なのかなと思う>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。