金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

クルッグマンインタビュー

 ――世界経済の現状をどうみていますか。

 「新興国経済は引き締めで弾みを失っている。状況は欧州においてはずっと悪い。金融面の緊張は欧州から米国へと伝わっている。欧州の多くの国々は財政引き締め政策を採用している。この状況では今後、50%以上の確率で世界経済は景気後退に陥るだろう。欧州の景気後退は非常にありそうな状況で、米国でもそうだ。ただし新興国は減速しても成長し続けるので、世界全体でみればマイルド・リセッション(穏やかな景気後退)にとどまるだろう」

 ――欧州の現状についてもう少し詳しく教えてください。

 「欧州の危機は最初はギリシャ、アイルランド、ポルトガルといった小国の問題だったが、今ではイタリアやスペインなど大国を脅かしている。危機に直面している国の経済規模は、今やユーロ圏全体の3分の1に及んでいる。仮にこの危機を封じ込めたとしても、デフォルト(債務不履行)を恐れる市場の圧力が問題国の金利上昇を招き、その金利上昇がデフォルトを自己実現してしまう恐れがある。そうなれば銀行の自己資本を大きく傷つけてしまう。こうした欧州の状況が全世界にリスクを及ぼしている」

 ――欧州はいま何をなすべきなのでしょうか。

 「今必要なのは(中央銀行の)最後の貸し手としての姿勢だ。イタリアが基本的にはソルベント(支払い能力がある)としたら、イタリア中銀がその役割を果たすはずだが、欧州中央銀行(ECB)はその仕事をしていない。大きな信用ファシリティを作ったが、まずい状況だ。欧州金融安定基金(EFSF)は小国を救済するための仕組みとして設計された。スペインやイタリアは大きすぎる。もっと大きな与信枠が必要だ」

 ――ギリシャはもつのでしょうか。

 「私はギリシャはデフォルトすべきだと思う。おそらくヘアカット(債務削減)の比率は50%だろう。それだけならユーロ圏にとってそれほど致命的ではないが、巨大な伝染が起こりえる。欧州が直面する問題の解決には、成長と2~3%のインフレが役立つ。だが実際はECBは利上げに動いた。2000年の日銀のゼロ金利解除の失敗をそのままなぞったようなものだ」

 ――米国経済についてはどうみていますか。

 「もう一段の景気刺激策が必要だ。今は重大な財政緊縮に見舞われている。オバマ大統領の雇用創出策はそうした財政緊縮を止めるための良い政策だ。米連邦準備理事会(FRB)は物価水準目標やインフレ目標を設け、積極的に緩和する必要がある。今の米国は、金融危機のただなかにあった1998年の日本と同じで、同じ議論があてはまる。今の米国の政策担当者は受け身で、様子見だ。来年の大統領選挙後にも政府と議会のねじれで有効な政策をとることができない状況が続くのか、共和党の強硬派が力を増すのか。いずれにせよろくなことはない」

 ――今なぜ円高になっているのでしょうか。

 「米国は弱いドル、欧州は弱いユーロを望んでいる。そんな中で日本はとりわけ金利の問題に直面している。日本の実質金利は顕著に高い。日米とも短期金利はゼロ水準なのに対し、米国が若干ながらインフレで日本はデフレだ。今や世界中の当局がゼロ金利政策を志向している中で、日本は実質金利で見れば高金利国になっている。03年~07年の好況時にデフレから脱却できなかったので、今の日本はこの点で厳しい状況に直面している」

 ――米欧経済は、今後長期にわたって停滞する「日本化」が懸念されています。

 「2000年にプリンストン大学で教え始めたとき、私やバーナンキ氏を含む4人の名の知れた経済学者は日本のようなデフレに陥ることを警戒していた。しかし日本のようになってしまった原因は、問題のスケール(規模)にある。ショックは誰が想像したものよりも大きかった。バーナンキ氏の答えはQE(量的緩和策)だ。住宅バブルの膨張と崩壊、そしてリーマン・ショック後の危機は想像をはるかに上回った。結果として対策は小さすぎた。それ以上の策をとるには、政治的意思が必要だ。1990年代に日本の問題点を指摘し、なすべき課題を示していた米国の識者は日本に謝るべきだろう。今や我々が同じ困難に直面しているからだ」

スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:5 | ∧top | under∨
<<西武球場に行ってきた | 金銀妖瞳千里眼 | 結局治らず>>

この記事のコメント

> ㌧です。なるほど、置き換えてみれば自明のってやつですね。
>
> この程度の簡単な話であるにもかかわらず、ユーロという統一通貨を生み出した連中や急成長をする中国人民元のドルペッグを放置してた連中って、バカ?かと。
> まぁ、馬鹿なわけは無いでしょうから、経済分野のインテリが目先の金に釣られて、グリーンスパンなんぞとの同類に落ちぶれたんでしょうけどね。
> 結局、この問題の終着駅には、通貨の問題が解消したときに行き着けるってわけですにゃ。
> まだ、通貨が云々とはいわれてませんから、長丁場になるんでしょうねぇ。

 偏ったものは危ない危ないと言われるんですけど、実際は簡単には崩壊しないんですよね。
 中国の外貨準備もなんだかんだ言いながら放出しませんので、結局、米国債買うしかないですからね。
 雨は中国に為替何とか汁っと最近マジで言い始めているのも理解はできるかなと思われです。弱ったふりして米国債踏み倒したいですしねw

 まあ、中国は最後どうすんだろって感じですが・・・このまま抱え込んでいくしかないと思いまふ。日本は貯蓄しすぎて円高でやられましたけど、中国は内外で投資する気マンマンなんでそこが違いますかね。
 ユーロは不始末片付けるだけで済むと思うのですけど、やる気次第ですかね。

 まあ、相場は順調なんでうまく立ち回りたいっす!
2011-10-12 Wed 07:36 | URL | Rushana Paty #-[ 内容変更]
>本位制やってるのと同じ事になるのですね。

㌧です。なるほど、置き換えてみれば自明のってやつですね。

この程度の簡単な話であるにもかかわらず、ユーロという統一通貨を生み出した連中や急成長をする中国人民元のドルペッグを放置してた連中って、バカ?かと。
まぁ、馬鹿なわけは無いでしょうから、経済分野のインテリが目先の金に釣られて、グリーンスパンなんぞとの同類に落ちぶれたんでしょうけどね。


結局、この問題の終着駅には、通貨の問題が解消したときに行き着けるってわけですにゃ。
まだ、通貨が云々とはいわれてませんから、長丁場になるんでしょうねぇ。
2011-10-11 Tue 08:20 | URL | 金髪赤眼吸血姫 #-[ 内容変更]
> 欧州の引き締めが失策だというのは同意なんですが、、、それはあくまでも対処療法的な処方箋に関する議論にすぎないんじゃね?って。

 確かに対処療法ですね。

> そもそもの原因は別にあると思うんですが、、、
> ここ最近、いわゆる経済分野のインテリ階層の方々に質問をぶつけてみても、疑問が解消しないんですが、、、
> 本質的な問題は、欧州の統一通貨と米国ドルと人民元の事実上の連動にあると思うんですが、、、これらは短期的視点ではメリットが多いと錯覚するけど、長期的にはじわじわと蓄積していく歪を解消できないことに諸悪の根源があると思うんですがね。 ちゃうの?って聞いてもまっすぐな回答が聞けない。。。
> そんなの素人の幻想だよっていうのであれば、それはそれでいいんですが、、、

 それは当たりでしょう。世の中にはうまく説明する人がいて、ちょっと盗みますけどw
 主要な通貨でペッグ制を長年敷いいていればどうなるかというと、金本位制やってるのと同じ事になるのですね。為替いじらないんだから歪みを治す自動調整機能がなくなってしまう、沸点に来ても調整する手法がなくなる。要するに金本位制の最大の欠点(ググッてくださいまし)が露呈するわけです。
 さらに今回はEUの中がユーロで強制的にくっついているので、EUの中が事実上金本位制みたいになってて、各国の自動調整ができない状態であぼーん寸前という・・・2重の罠みたいな感じですw

 わっちはそういう理解してます。急激な為替変動はいかんのでしょうけど、変動しない為替も同じくらいいかんと思うのですけどw

> 根本的な問題点って、どこなんでしょうかね?
> 素人のわっちが色々考えてみても、結局通貨に帰結するだけなんですが、、、困ったもんですw

 需要不足も入れて下さいまし・・・投資の不足かな(貯蓄過剰とはあえて言いません)
 人間自体に元気がなくなっているんじゃないかと・・・草食男子でみんな守りに入っているのかな?

> 劇薬ですが、欧州の統一通貨解体&人民元のドルペッグをもっと迅速に解消していくしかないと。。。
> まぁ、もっとも、それをしようとすると戦争になると思いますがねwwwwwwwwwwww

 中国分裂に1票で^^
2011-10-11 Tue 00:52 | URL | Rushana Paty #-[ 内容変更]
書き損じますたw

X 欧州の統一通貨と米国ドルと自民元の事実上の連動にあると思うんですが、、、

O欧州の統一通貨、そして米国ドルと人民元の事実上の連動にあると思うんですが、、、
2011-10-10 Mon 15:19 | URL | 金髪赤眼吸血姫 #-[ 内容変更]
欧州の引き締めが失策だというのは同意なんですが、、、それはあくまでも対処療法的な処方箋に関する議論にすぎないんじゃね?って。

そもそもの原因は別にあると思うんですが、、、
ここ最近、いわゆる経済分野のインテリ階層の方々に質問をぶつけてみても、疑問が解消しないんですが、、、
本質的な問題は、欧州の統一通貨と米国ドルと自民元の事実上の連動にあると思うんですが、、、これらは短期的視点ではメリットが多いと錯覚するけど、長期的にはじわじわと蓄積していく歪を解消できないことに諸悪の根源があると思うんですがね。 ちゃうの?って聞いてもまっすぐな回答が聞けない。。。
そんなの素人の幻想だよっていうのであれば、それはそれでいいんですが、、、

根本的な問題点って、どこなんでしょうかね?
素人のわっちが色々考えてみても、結局通貨に帰結するだけなんですが、、、困ったもんですw

劇薬ですが、欧州の統一通貨解体&人民元のドルペッグをもっと迅速に解消していくしかないと。。。
まぁ、もっとも、それをしようとすると戦争になると思いますがねwwwwwwwwwwww
2011-10-10 Mon 15:17 | URL | 金髪赤眼吸血姫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。