金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

わかるひとにだけわかる

 わかる人にしかわからないという読者完全無視わがまま企画。たまにはこんなものがあってよいかと。

(18時過ぎ出発)
 045.jpg

 突き出しの酢の物(トラフグの皮)と胡麻豆腐です。
 トラフグの皮は脂もあり、フグの香りもしてウマウマ、1週間前にさるところで食べたフグの皮の酢の物とは比較になりません。
 胡麻豆腐は胡麻の香りがする胡麻豆腐なので、香りを楽しむ派のわっちはのっけからびっくりします。

 この後お刺身。ヨコワと鯛とイカ。私はイカの刺身は食べられない人なのですけど、ここのイカの刺身は食べられるんです。新鮮なイカソーメンも食べられない人なんですけど、不思議ですね。ここのイカは甘い香りがするんです。
 すいません。しゃべってて、写真撮り忘れました。

046.jpg

 トラフグの薄造り。すいません、喋ってて半分食べちゃってます。1週間前に去るところ(ry。
 この日は寡黙な眼科医のおちゃーんとワイワイしゃべってたので、こんな感じです。

048.jpg

 朴葉焼き。その辺の朴葉は焼いても何の香りもしませんが、この朴葉はすんげー良い香りがするんですわ。中にはカニのおこわが・・・

 鯛の肝の酢の物(半分食べてます)。わっちがさきさき食べちゃうもんだから、別の人に出すもの(この日は別室で15人の忘年会だった)をついでに合いの手に出してくれた物。
 もうね、この辺で軽~く酔いが回ってます。写真どころではありません。

 フグの焼き物。フグの火の入れ方が良い。すんげー良い。

055.jpg

 椀物。ここのダシは透き通って、一体どうやったらこうなるのか想像もつかないほど、透明感のあるもの。すげーシロモノ。

 おこぜの揚げ物。おこぜの甘みと旨みがたっぷり感じられるもの。しかし、口当たりはさっぱりして豊か。どういう揚げ方しているのか不明。

 椀物2。かぶら寄せ。この辺で完全に酔っ払ってorz

 ほんで雑炊・・・このあたりで眼科医のおちゃーんお帰りになられます。

066.jpg

 最後に葛切り。
 上品な甘み、葛の独特のもちもち感・・・この一品だけでも楽しませてくれます。
 はっきり言って、ここの葛切り食べると、世の中で売ってる葛切りはみんなまがい物かと思っちゃいます。
 
 以上、終了は22時手前。記憶も定かならぬまま、タクシーでさよなら~

※たぶん2品くらい写真にないので忘れてます。

※普段は無口な眼科医のおちゃーんが、わいわいしゃべって帰っていったので、大将に感謝されますた^^
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:8 | ∧top | under∨
<<良いお年を! | 金銀妖瞳千里眼 | ゲームしたいな>>

この記事のコメント

> ふぐは、それが顕著にでますからねぇ。
> 包丁の冴えは当然必要ですが、どれだけ晒しで巻いて寝かせるかってのが重要かと。
> 刺身を口に入れた途端に五感が刺激され、緊張感を感じるのは、わっち的には大将のだけです。

 私もそうですね。いろいろ出かけたけど、ないですね。新鮮でありゃ良いかってそうでもないですね。
 大阪でも、そんな店ないですもん。結構、自信あり気に勧めてくれる人はいるんだけど・・・何にも言わずに立ち去りますけどw

> ここの刺身で感動したあと、しばらくの間は有名鮨屋(タイヤ屋で師弟ともに三ツ星になったところなど)をいきまくるのがわっちの中でのブームになったんですけど、とうとう出会えなんだ。

 すきやばしたんはすきっ歯でしたかwww

> でっ、大将が引いた本マグロの刺身を食べたくなったので、見島の本まぐろを入れてよってお願いしたら、田舎だから仕入れても捌けないので無理って言われちゃったorz

 今度100人くらいで押しかけましょう^^

> やはり本まぐろの良いのは東京にもっていかれちゃうんですよね。残念ですが。
> 東京には包丁の冴えが大将クラスの職人はいねぇのか?って感じです。

 目の前で包丁さばき見ててもったいねえと思う場面は多いですね。
 一番ひどいのはテレビでやってるやつですけど、「漁師が料理やってんじゃねえから」とつっこみまくりです。

> *三ツ星を得た有名な爺さんが包丁つかうところをみて、鼻でわらったのは内緒の話。握る技術、魚を熟成させる見切りはよいのだけど、包丁がイマイチだにゃって感じでwwwwwwwwwwwwwwwww

 良いこと聞いたにゃwwwwwwwwwwwwwwwwww
2010-12-29 Wed 23:58 | URL | Rushana Paty #-[ 内容変更]
>最近は新鮮な魚を早いこと活け締めが良いみたいなウリが流行ってますけど、ホントは違うんですよね。

ふぐは、それが顕著にでますからねぇ。
包丁の冴えは当然必要ですが、どれだけ晒しで巻いて寝かせるかってのが重要かと。
刺身を口に入れた途端に五感が刺激され、緊張感を感じるのは、わっち的には大将のだけです。
ここの刺身で感動したあと、しばらくの間は有名鮨屋(タイヤ屋で師弟ともに三ツ星になったところなど)をいきまくるのがわっちの中でのブームになったんですけど、とうとう出会えなんだ。

でっ、大将が引いた本マグロの刺身を食べたくなったので、見島の本まぐろを入れてよってお願いしたら、田舎だから仕入れても捌けないので無理って言われちゃったorz
やはり本まぐろの良いのは東京にもっていかれちゃうんですよね。残念ですが。
東京には包丁の冴えが大将クラスの職人はいねぇのか?って感じです。
*三ツ星を得た有名な爺さんが包丁つかうところをみて、鼻でわらったのは内緒の話。握る技術、魚を熟成させる見切りはよいのだけど、包丁がイマイチだにゃって感じでwwwwwwwwwwwwwwwww
2010-12-29 Wed 12:21 | URL | 金髪赤眼吸血姫 #-[ 内容変更]
> 小泉の純ちゃんがあべっちの招きで昼飯を食いに時に、純ちゃんは何と”最近は刺身ばかりなので刺身以外を”って感じでウニ丼をリクエストしたらすぃ。
> 愚か者めとおもいまふ。

 愚か者!

> ここのは普通の刺身とは違うのだよって思うんですけどね。

 そうですね。
 初めて行ったときに出てきたお刺身セットが、鰆・ヒラメ・鯛・イカだったのですけど、最初に鰆を食べた瞬間「何コレ!!!」とか思いましたもん。
 とんでもねえ刺身を出す店でたまげましたもん。いや、一口でわかるはずですよ、あれは絶対。

> まぁ、ウニ丼も絶品なんですけどね。

 あったかウニ丼・・・2月ころにまた行こっかな。

> >下処理と包丁一本でなんであんなに違っちゃうんだろ?
>
> 特にふぐやタイなどは、寝かす時間の見切りが絶品かと。
> 主に見島付近の魚ですから超スペシャルグレードの魚なんですが、それに加えて一番うまみが出るタイミングまで寝かせるのが凄いかと。

 うぃ、うぃ。
 魚の締め方とかが完璧なんで、あの旨味と風味ですね。
 最近は新鮮な魚を早いこと活け締めが良いみたいなウリが流行ってますけど、ホントは違うんですよね。

> あとは寒ぶりが分かりやすいのですが、切断面の凄さ。
> もう見た瞬間に違います。
> さすがに、この包丁の冴えは東京の一流鮨屋なぞでも見たことありまっしぇん。

 眼の前で見られるので、カウンター席は文句ないです。
2010-12-29 Wed 09:07 | URL | Rushana Paty #-[ 内容変更]
>東京行こうが、京都行こうが、福岡行こうが・・・この手のお刺身に出会うことがないです。

小泉の純ちゃんがあべっちの招きで昼飯を食いに時に、純ちゃんは何と”最近は刺身ばかりなので刺身以外を”って感じでウニ丼をリクエストしたらすぃ。
愚か者めとおもいまふ。
ここのは普通の刺身とは違うのだよって思うんですけどね。
まぁ、ウニ丼も絶品なんですけどね。


>下処理と包丁一本でなんであんなに違っちゃうんだろ?

特にふぐやタイなどは、寝かす時間の見切りが絶品かと。
主に見島付近の魚ですから超スペシャルグレードの魚なんですが、それに加えて一番うまみが出るタイミングまで寝かせるのが凄いかと。

あとは寒ぶりが分かりやすいのですが、切断面の凄さ。
もう見た瞬間に違います。
さすがに、この包丁の冴えは東京の一流鮨屋なぞでも見たことありまっしぇん。
2010-12-28 Tue 09:34 | URL | 金髪赤眼吸血姫 #-[ 内容変更]
> あぁ、それと葛切りはダブルです。一人あたり二人前がデフォです。
> それくらい美味しいですにゃ。

 2人前デフォですかwww
 確かに美味しいんですよね。でも、毎度ですけどその頃には相当酔いが回っていまふw

> *早めに言わないとだめなんで、あれですが。
> 〆の葛切りは二人前ずつねって感じでwwwwwwwww

 wwwwwww
 今度頼んでみよっと^^
2010-12-27 Mon 23:12 | URL | Rushana Paty #-[ 内容変更]
> ここのふぐは、ある意味で特殊な旨味を持ってますよねぇ。
> 他店では過去に味わったことがない凄さが。。。

 別に特段高いってわけもないんですけどねえ・・・モノがちゃんとしてまふね。
 今回は本当は甘鯛の予定だったのですが、シケで取れずに急遽トラフグに変更ですた。

 昔、山口にいたときにさよなら会を湯田温泉のとあるふぐ料理屋で開いてもらったのですけど、そのコースが25000円ですた。当時、これ以上のコースはなかったんです。で、フグ一式を堪能しつつ、ひれ酒飲みまくりだったのですけど・・・この時、フグのコースを初めて食べたんです。で、フグってたしかに美味しいけど、こんなもんなのね、とか思ってますた。
 その後、大阪で変なふぐ料理屋に連れて行かれて、冷凍のフグを食べつつ、ああ山口のあれはやっぱり美味しかったんだなと思ってたのですけど・・・ここは

 すべてが壊れるウマさです。

> ここの刺身は、別次元ですしねぇ。

 うぃ、うぃ、別次元です。
 東京行こうが、京都行こうが、福岡行こうが・・・この手のお刺身に出会うことがないです。

> 大将は刺身を引くのに斬鉄剣をつかってんじゃね?って感じの冴えが凄いですねぇ。切断面が凄すぎるぅ。

 舌に触れてからの旨みの広がり方が違うんですよね。
 新鮮さだけではいろんな港港でそんなに変わらんのかもしれませんが、下処理と包丁一本でなんであんなに違っちゃうんだろ?

> そういえば大将の宝具の中で寒平目の握りを食べてなかったにゃ。
> 年明けにいきたくなったにゃ。

 行きましょ、行きましょw

> >ここのダシ
>
> ここに行く前に超有名料亭で飯を食っていくことが多かったんですけど、わっち的には京都の超一流と比べても凌駕していると思われ。
> まぁ、超一流が本気を出した時(白足袋衆が気合入れて設定したやつ)ってのは未経験なんであれですがw
> 通常営業レベルであれば、明らかに上だと思われ。

 毎度毎度、不思議な椀物です。
 いや、なんと形容すればいいのか・・・この時は、しゃべらずに黙って堪能してますた。冷めるまで待ってたらもったいないですもん。

> *わっち的には、夜にふぐをいただいた翌日の昼には、寒ぶりの造り&車エビの天丼がお勧めです。
> ただし、大将から、うちは天麩羅屋じゃねぇとかドンブリ屋じゃねぇという声をかけられるとは思いますが。でも、旨いんです。

 www

> そのあたりは季節的にウニは禁漁期ですしね。
> 禁漁でなければウニ丼もすてがたいにゃw

 ウニ丼は1月の中旬からですかね。
 北海道のウニ丼もいいけど、こっちのあったかいウニ丼のほうが好きですにゃ。
2010-12-27 Mon 23:10 | URL | Rushana Paty #-[ 内容変更]
あぁ、それと葛切りはダブルです。一人あたり二人前がデフォです。
それくらい美味しいですにゃ。

*早めに言わないとだめなんで、あれですが。
〆の葛切りは二人前ずつねって感じでwwwwwwwww
2010-12-27 Mon 14:43 | URL | 金髪赤眼吸血姫 #-[ 内容変更]
堪能おめです。


>トラフグの皮は脂もあり

ここのふぐは、ある意味で特殊な旨味を持ってますよねぇ。
他店では過去に味わったことがない凄さが。。。


>お刺身

ここの刺身は、別次元ですしねぇ。
大将は刺身を引くのに斬鉄剣をつかってんじゃね?って感じの冴えが凄いですねぇ。切断面が凄すぎるぅ。

そういえば大将の宝具の中で寒平目の握りを食べてなかったにゃ。
年明けにいきたくなったにゃ。

>ここのダシ

ここに行く前に超有名料亭で飯を食っていくことが多かったんですけど、わっち的には京都の超一流と比べても凌駕していると思われ。
まぁ、超一流が本気を出した時(白足袋衆が気合入れて設定したやつ)ってのは未経験なんであれですがw
通常営業レベルであれば、明らかに上だと思われ。

*わっち的には、夜にふぐをいただいた翌日の昼には、寒ぶりの造り&車エビの天丼がお勧めです。
ただし、大将から、うちは天麩羅屋じゃねぇとかドンブリ屋じゃねぇという声をかけられるとは思いますが。でも、旨いんです。
そのあたりは季節的にウニは禁漁期ですしね。
禁漁でなければウニ丼もすてがたいにゃw
2010-12-27 Mon 08:28 | URL | 金髪赤眼吸血姫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。