金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

こんなのでお金取っちゃいけない大前研一

 戦術コンサルタントとしては超一流なんでしょうけど、そういう人がマクロの経済語っちゃいけないって見本が「大前研一」なんですね。
 なんか力抜いて聞いていると「そうだよね」って思っちゃいそうだが、実は良く考えられていないって感じなんですよね。「ゼロベースで考える」って言葉を流行らしたのはこいつだが、全くもってゼロベースで物事を考えることがどれほど愚かなことかわかってないんだよね。ゼロベースで設計したWindows Vistaが今になってどんだけ評判悪いか、少しは学んだらいいのに。
 現在の経済学なんかお古で役に立たない。最新の「心理経済学」ですべてやっていけます、とかなんとかおっしゃっておられますが、実は経済学の基本も知らないんでわ?と思ってまして、そりゃまた「西洋医学で病気が治らないんだから、インドネシアの祈祷師に病気を治してもらおう」って言ってるように聞こえます。

 大前研一の弟子たちは、どこに潜んでいるのでしょうか?戦術ではなく戦略家として本当に役に立っているんでしょうかね?

 以下はとある記事の抜粋です。

>>>

「消費税14%でも借金を減らせない国、日本」

 2020年度まで悠長に構えている暇はない

>それはそう思います。

 政府は先月、中長期の財政健全化に向けた財政運営戦略を閣議決定しました。これは国と地方のプライマリーバランスを2020年度までに黒字化する目標を掲げ、2011年度から3年間は国債の元利払い費以外の歳出を横ばいで据え置くことなどが盛り込まれたものとなっています。
 2020年度までに黒字化する見通しということは、それまでは「悪化し続ける」ということを意味しています。極端なことを言えば、「国債の利払いはしません」となれば大きな影響は出るでしょうが、今のままでは期待できません。

>そう思います。

 また財源不足分の金額は「消費税で換算すると8%~9%相当」と言われていますが、正確に言えばこれは間違いだと私は思います。この金額では、今すでにある借金の返済は考慮されていません。それらも全て返済するということを実現するためには、この程度の金額ではとても間に合わないのです。

>なんですべて借金を返済しないといけないのか?この時点でコケるわけですね。
 企業コンサルタントでも、無借金企業が優良企業だとでも思っているのでしょうか?

 さらに消費税率の発表について苦言を呈すると、「消費税で換算すると8%~9%相当」という表現は非常に誤解を招きやすいと思います。この表現だけを見ると、「消費税率を現在の5%から8%~9%へ引き上げる」と解釈してしまう人もいるでしょう。しかし、財源不足分を埋めるために「現在の5%に加えて8%~9%」という試算です。すなわち、消費税率は13%~14%程度になることを意味しています。

>そんな香具師は少数派だと思われ、なおかつ意味のない文章

 財政運営会議はこのような点について、ややいい加減に過ぎると思います。たとえ国民に言いづらいことであっても、「消費税率は13%~14%」にならないとダメなのだときちんと伝えるべきです。そして、それも財源をこれ以上悪化させない最低限のレベルであって、これまでにある借金を返済することはできないという事実も明確にするべきだと思います。正しく、分かりやすく国民に伝えるということを念頭に置いて欲しいところです。

>分かりやすく伝えるところは禿同です。

●日本の貸借対照表の資産価値は間違っている

 負債が資産を上回る「債務超過額」は07年度に比べて34兆7000億円増え、317兆4000億円となりました。08年に発生した25兆8000億円の財源不足を埋めるための国債増発で負債が膨らんだうえ、円高で外貨建て資産が目減りしたのが響いたとのことです。
 まず、今回財務省が発表した国の貸借対照表が「2008年度」であったことに不満を感じました。企業には2ヶ月で開示しろと指示しているのに、翻って自分たちが数字を発表する際には、このタイミングで2009年度の数字を出せないというのは怠慢だと思います。

>ホンにそうですねえ。

 そして財務省の発表では、2007年度から2008年度にかけて資産が減ったため、「債務超過額」は317兆4000億円になったとのことですが、私に言わせれば実際の「債務超過額」は財務省発表の数字を超えているのではないかと思います。
 というのは、算出されている負債の金額は「数字」として正しいものですが、資産についてはそうではないからです。例えば、国の資産として計上されている「国有林」、「東京大学」などをいくらで試算しているでしょうか?

>簿価で計上しても問題ないんでない?
 流動性のない資産に、無理に時価会計求めるのもどうかと。

 財務省が発表しているのは「資産価値」であって、本当に今売却しようとしたときに同じ金額になるかは大いに疑問です。もしかしたら、殆ど価値がないと判断されるかも知れません。資産について計上されている「数字」は財務省が適当に当てはめた数字に過ぎません。

>というか国有林なんか「売れない」じゃん&東京大学なら収益還元価値で価値出るでしょうよ。道路や橋、自衛隊の装備まできっちり資産計上ですよ。
 百歩譲ってそうだとしても、批判するのはそっちじゃないだろう。
 よくわかんないのは独法や基金なんかへの出資金や貸付金の中身じゃねえの?しかも、その独法や基金は国債買って還流してるわけだし。そっち方面はいくら焦げ付いているかは謎だよ、今でも。

 そんな日本の国債ですが、意外なことに外国からの信頼は高くなっており、日本国債に投資マネーが流れ込んでいます。長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは7月に1.1%を割り込み、2003年8月以来、約7年ぶりの低水準をつけました。

>そういうことです。

 日本の財務状況の悪さから考えると不思議なことです。理由として考えられるのは、そうは言っても「日本国民の金融資産が国債をカバーしている」ので、他に比べると「マシ」だと思われているのでしょう。

>他が危ないからしょうがないから資本逃避先だと思うのは間違ってると思うよ。

 日本の場合、国民が国債を買っていて、外国に借金をしていません。米国や欧州が危険な状況にあり、中国もバブルがはじけたらどうなるのか先行きが不安という状況に比べれば日本は安全に見えます。それゆえ、逃げ場をなくした投資マネーが日本に入ってきているということだと思います。

>前説からしたら、このオチは解説になってないと思う。
 結局、散々ボロカス言っておいて、こんな状態の日本でもよその国より安全だということなんでしょうか?
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<すでに夏バテ | 金銀妖瞳千里眼 | 正しい思い込みで人を傷つける世界>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。