金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

たぶん滅茶苦茶になる菅直人政権

 なにやら組閣前に大臣情報がダダ漏れのようですが、情報管理大丈夫なんでしょうか?

(ミンスの真打ち登場)
 民主党が政権をとってからというもの、マニフェスト実行という面ではそりゃどうしょうもない醜態を晒していたわけですが・・・これは最初から間違っているわけですから、指摘するのは簡単でありました。信じてたのに裏切られたなんて厨房以下の大人はみんな死んでくださいまし。最初から指摘しといたでそ?指さして笑ってやるよwww

 マニフェストという問題は解決されていませんが・・・次に出てきた菅直人政権というのは民主党の真打ち登場みたいな感じなんですね。つまり、マニフェストに縛られた民主党はゴミと断じればよかったのですけど、こいつは背景背負って出てきたものですから、どうにも始末が悪そうなのですね。しかも、豹変する思考の持ち主であるから、またカイワレ食べてごまかすとかそういう挙に出るのかもしれませんな。

 背景というのは、並べて書くと次のようなものかな。
・政治的には全てに中立
 つまり、文句を言う人には全て応えようとする態度。政治的な思想や軸はない。
・外交的には全てに中立
 つまり、米国だけでなく、東アジア重視と称して中国や韓国ともいろいろ妥協を図る。
 その他の東アジアの国は当座どうでもいいという態度。
・経済的には分配重視
 いわゆるバラマキ。騒ぐ主体に対して、重点的に配分。
・軍事的には思考停止
 何も判断出来ないでしょう。

 要するに、何も考えずに目の前のことだけに対処するということなんですね。
 この民主党の「なんとなく問題に対処(したフリを)する」というのは重要で、騒いだところの蓋をするだけの仕事をするために、長期的な利益はすべて損なわれることは必定です。
 わっちは民主党は社会主義政策をやっているという主張には賛成できません。それでは社会主義の思想のシトたちに失礼というものです。元々、基軸となる思想がないから、問題だと思われるところに元社会主義者なんかが処方箋を持ってきたら、パックンチョしてしまうだけの話です。別の問題なら、処方箋らしきものをパックンチョです。で、処方箋がなかなかでないものについては、「ごまかす」・・・これで終わりです。

 菅直人で失敗すれば、ミンスはオシマイですが・・・なかなかこういう背景というものは亡霊のように生き続けるので始末が悪そうですにゃ。

(経済政策)
 全部は書いてられないので、とりあえずなんとなく歯切れのいい経済政策を軽くやっておきましょう。
 正直,真面目に書くのもアフォらしい仕儀となっています。

 菅直人に自分の考えなんかあるわきゃないので、断片的に経済学用語を走らせているのがワロスですね・・・入れ知恵しているのは内閣府顧問の小野善康たんのようですが、正直、こいつは知りませんでした。でも、昔書いた経済学者の見分け方を軸にすれば簡単に偽物であることは断定できるでしょう。
「増税しても使い方を間違わなければ景気は良くなる」
 という発言はこれからも繰り返しテレビに流れるでしょうな。これにとどまらずそこかしこで出てくるミンス議員の発言はほぼデタラメと言っていい。例えば、法人税をなぜ下げなければいけないのかという理由が滅茶苦茶。他にミンスのデフレ脱却有志議員が出した政策提言とか見ても滅茶苦茶な文言が入っています。

 で、こういうのを実行するのでしょう。やるでしょう、菅なら。

 でも、これをやってしまったらどうなるかと言うと絶対に景気は悪くなる。小学生とか素人程度が良かれと思って出した処方箋を本当に実行してしまったら、ますます悪くなる。最後に、結果責任は「知りません」ということですね。菅は絶対に失敗を認めないでしょう。
 もちろん、景気は国家政策や財政だけで決まるものじゃないけど、2つの因子は明らかに下です。

 というわけで、1年後が楽しみなわけですw

(ハトポッポより悪くなるでしょう)
 しかし、ハトポッポの時代はそりゃ滅茶苦茶でしたけどね。ポッポ曰くとオザワン曰くで言ってること違うとか滅茶苦茶でしたから。しかも、自称側近とか、若手議員がどっかに出かけては情報漏らすわで、自爆に事欠かなかったわけです。楽しい毎日でしたね。
 今回、人事を見てみると、ミンスの優秀そうな手駒を全て投入している感じです。ミンス側としては、オザワンのワケの分からない選挙対策政策を排除して、本来のミンスらしい政策の実現というところなのですが・・・これ経済分野を中心として、やればやるほど悪くなると思います。

 軸としては「法人減税をして、世界経済の余波程度を財政で支えつつ、日銀にももうちっと需要を支えてもらって、あとお祈りしながら放置プレー」という線から、どの程度離れるかです。離れれば離れるほど、状況は悪くなるでしょう。でも、連中は自分でなんとか出来ると錯覚してるから、手を入れ続けて上の線から離れておかしくなるでしょう。
 需要側と供給側のバランスとれた議論が聞こえてきたら真面目に反応することにするわ。

 当初はなんとなくの期待があるので、しばらく持つでしょうが1年後には惨憺たることになっているでしょうね。
 なんたって、現状ミンスの持っている優秀そうな手駒を全部使っているわけですから、その手駒をもってしてもどうしょうもないと国民が気づいた時の顔というものを見てみたいもんです。こんな感じですか?

 /(^o^)\ナンテコッタイ

 端から、日本国の抱えた問題はミンスの考える処方箋では解決はできません。


※おまけ
 オザワンは選挙強いとか幻想だと思うよ。前回はたまたまですよ、たまたまw
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<チンチンチチチン | 金銀妖瞳千里眼 | 因果律フェーズで確認>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。