金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

国家が全てのリスクを引受まっす

 今、世界中でそういう状態なのね。確認だけしておきましょう。

(EU)
 その昔、スティグリッツたん曰く「IMFは大不景気に直面した国に対し、金利を上げろとか、財政支出を抑えろとか、アメリカが同じ状況では決して考えないようなことをやれと言った」と言ったが・・・今になっても、ギリシャは同じこと言われてるwww

 ギリシャだのポルトガルだのイタリアだの・・・みんな国の債務が多くて、国債が発行しにくくて、景気が厳しいのに財政再建計画を提示汁だの外から無理難題言われているわけです。で、ドイツは助けるのか助けないのか不明、フランスはそんなの知らんと言っておりまして、なかなか決着はつかないわけです。
 EUの場合はちょっと頭おかしくって、ECUが国債を全く買わないというポリシーがあるので、政府債務をどうしようかとなったときに、シニョリッジでごまかすというマジックが使えずに、マジ解決をするしか手がないという・・・ここですなEUの弱点は。まさかドラクマに戻るわけにもいかないので、ホントにどうするんでしょうか?
 
 スティグリッツたんは「ギリシャの国債が買えないなんて莫迦なことがあるか」と言っておりますが、当に同感であります。厳しいけど資金繰り(と保証)の問題w

 イギリスの政府債務も最近急増している、特に短期債務が急激に膨らんでいますが(GDPの5%らしい)、どうってことないですな。イギリスは莫迦じゃないからイングランド銀行が盛大に国債を買い入れているわけです。それだけイギリスも必死だということだが、ブラウンも性格は最悪らしいが莫迦じゃないので、そういう仕儀という・・・イギリスは騒ぎには絶対ならんでしょうな。こういう時に独自通貨持ってるのはやっぱり楽w
 よって、イギリスとEUを同列に考えてはいけません。

(アメリカ)
 FEDがうんこを全て買いまくり・・・この辺の状況は変わらないので、しばらく静観かな。

(日本)
 限度額引き上げとか何やらゆうちょに金をさらに集めてどうにかしようと画策しているらしい。
 この点、なぜ郵政民営化が必要だったのかというロジックから外れたところに向かっているので、大蔵省理財局が負っていた責任を郵貯へ切り離し、その郵貯がブーメランよろしく戻ってきて、まんま政府が責任持ちますで財務省は関係ありませんという仕儀に。

 これ結末どうなるの?
「日本自沈」でいいのだらふか???


 まっ、しばらく待ちですね。どっかでほころび出るはずなんだけどね。
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<触ってきますた | 金銀妖瞳千里眼 | 放送記念日らしい>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。