金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「強者」になった\(^0^)/

(VF5R)
 ついに「強者」になった。今まで散々いじめられていたのだが、ついに!
 実力からするともうちょっと昇段できるはず。「人」まではいけるはず。

(ポール・サミュエルソン教授死す)
 教科書その他でお世話になりますた・・・事実上ネオたんの創始者。
 古典派とケインジアンを無理やりひっつけて、ミクロとマクロを論理破綻状態でまとめてしまういう力業はだれにでもできることではありません。

 今の主流派経済学者はみんなこれを踏み台にして次のステップへと進んで行ったのです。
 死ぬ間際にサブちゃん騒ぎでアメリカあぼーん寸前の光景を見てしまったのはかわいそうだったと言うべきか・・・

(肋間神経痛大爆発)
 今日、ちょっとした咳をきっかけに、ドカンと大爆発(><)
 もうね・・・メッチャ痛いんすけど(><)

(鍼治療に流派?)
 鍼治療に行ったは良いが、針を短時間にポンポン25本も刺される。
 なんかね、ものすごいテキトーに刺されるwww
「1本ずつ筒で打ち込むんじゃないの?」って茄子に聞いたら
「流派が違うんじゃないですかね?」って・・・

 鍼治療に流派とかあるんかい!!!流派なんか北斗神拳と南斗聖拳と南斗水鳥拳と南斗なんチャラ拳その他しか知らんぞ、わしゃ。

(竹中たんvs菅直人)
 ちょいと竹中たんが物申しているみたいなので、ちゃちゃ入れておきましょう。
 私は供給側の整備は賛成するけれども、小泉時代にやったことを今やれば、ガタが来ると思ってる。時代によって政策は変わる。これしかないと言う黄金律みたいな政策はないのだ。
 竹中たんはもちっと需要側のことを語って欲しいと思うのだが、需要側より供給側に力を入れる議論を今やっているこということは認識がおかしいと言うべきだろうか・・・今は需要支えて時間稼ぎの時だと思うのだが・・・

【竹中氏:成長の基礎は供給にある】
 「経済成長の基本的な考え方について申し上げます。まず私は経済成長の基礎は、経済の供給側、サプライサイドになければいけない。これは常にそのように考えています。もちろん需要側は重要なんです。しかし、需要というのは供給を上回って成長することは絶対できませんので、その天井を決めるのは供給側です。

>そうです。ですが、今供給側に手を入れると雇用他が瓦解する危険が大いにあります。

 しかし、現実に日本の政策論議では供給側の議論というのはほとんどなされません。サプライサイドが決めるものは何かというと、資本を増やすこと、そして労働投入を増やすこと、そして技術を高めること。この3点しかありません。

>やはり生産関数を元に考えるわけですね。

 資本を増やすためにはどうしたらいいかというと、資本に対する、リターンに対する税金を安くする。投資減税とかですね、そういうものはやっぱり重要だ。投資減税は財政の制約であまり私が担当しているときもできませんでしたけど、それでも先行減税というのをやりました。それは効果があったと思います。

>禿同。今でもやって欲しいところ。ミンス側は逆のことをやろうとしているのでアフォ認定。

 労働の供給を増やすのは、これは学術分野でも非常に議論が分かれていて、難しいですけども、一例としてオーストラリアはものすごい政策を今とっているというのをみなさんご存じだと思います。2200万人の人口を2035年に3500万人にする。人口を1・5倍にするというわけです。約800万人の新規移民を受け入れて、その移民を受け入れるということを表明しているので、そのための新規のインフラ投資も始まって経済が活性化している。日本ではまだ不況に対する金融政策をどうするかということの決着がついておりませんが、オーストラリアでは過去数カ月の間にすでに3回金利を引き上げています。つまりそういう段階を通り越して次の成長段階にいっているわけです。これは分かりやすい政策ですが、日本の社会風土から移民の問題というのはそんなに簡単ではないということも事実だと思います。ただ、やはりそういう供給サイドを強化するということが、分かりやすい基本であると。

>移民を受け入れてもさしたる意味はないと思われ。一人当りのGDPが増えないことには生活水準は上がらない。移民に低レベルの生活をさせて、日本人が上前をはねようってんなら別だが、そういったことは考えてはいないんだろう。

 で、後は技術。これは特にみなさん力を入れになると思いますのは、たぶん環境の話とか、そういうものだ。これは当然重要なことで、そのための技術開発をやっぱりやらなければいけない。

>ものすごい重要なこと、というか1番重要なこと。無論ミンスの主張は逆を言っているw

 もう1つは資本と労働と技術と申し上げましたが、同じ資本と労働を使ってもやはりそれが効率的に配分されているかどうかというのは、景気は空気を読むので、その意味では実は規制緩和、競争政策、民営化というのは私は大変重要なポイントになると思います。郵政に関してはそういう意味では、現時点では逆の方向に行こうとしているのが私にとっては繰り返し残念に思います」

>生産関数から考えれば、今ミンスや国民新党が主張していることはどれも生産力を落とそうとしていることばかりで、経済学者がそれはおかしいと言うのは至極あたりまえのことだ。


 さてさて、この竹中たんの主張に菅ガンスは怒って反論したと言うから、莫迦は菅直人の方で間違いないところwww
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<不幸と悲劇を自分に招き寄せる方法 | 金銀妖瞳千里眼 | 鳩山由紀夫はルールをことごとく破り続ける>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。