金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

[急募]あにまるすぴりっと[いやマジで]

 ちょいと勝間和代たんが変なこと言ったおかげで、ネット上でデフレ・インフレでリフレ論争が再燃したわけだけど、わっちは傍観者だからよくわかりません罠(大ウソ)。まあ、近い考え方の人も少ないけどいたけど・・・でも1つだけ言えるのは、教科書すら読んでないことがバレバレの・・・よくもまあこんだけまがいものが堂々と湧いてくるなあ・・・そんなこってす。
 わっちは関わり合いになりたくない。

 以下は単なる偶然・・・たまたま時期が重なっただけで、金融政策と財政政策の所感についてはまとめておこうと思ってたところ。

(現状認識)
○金融政策
 まあ、完全に「流動性の罠」の予言の通りになっているわけで、どうにもこうにもならないのではあるが、わっちは「日銀バーカ」と言ってはおります。シンパなのにw
 でも、ゼロ金利解除とか金利上げ志向とかに対して、「現状に鑑み、それはまずいだろ」と思うだけで、ゼロで良いと思う。金利を下げたところでデフレ脱却なるかと言えばそれは違うのだろうけど、上げれば上げただけの効果はやはり出てくる。
 マイナス金利も「やったら面白い」とは言ったが、「絶対そうしろ」とは言ってないはずでね。スウェーデンでマイナス金利やってるらしいが、非常に難しい模様で・・・

 ともかくも実質金利を下げるためにはどうしたらいいのか?って視点でしか私は考えてない。
 技術的にどうするのかは知らん。

 こいつを上げるよう上げるように導こうとしている日銀の内なるインフレターゲットは実はデフレターゲットなのではないかと邪推してるw

○財政政策
 結局、雨が大コケしてくれたおかげで世界中で需要を支えようということで財政発動ってことになってる。当面は過剰でもプロジェクトが見つかればやり続けるべきなんだろう。
 でも、これをいつまでもやり続けるわけにはいかないので、どこかで縮小しなければならないが、そう簡単に縮小はできないだろう。縮小したら間違いなくコケるw
 同じ意味で企業部門が貯蓄超過になっているために、資金循環では政府部門しかお金を使っているところがないのだから、構造としてどうしょうもない状態にあるといえる。実は政府部門の累積債務は国民共有の負債なので個人の金融資産が1500兆円と言っても、内実800兆円は政府がすでに使ってしまっているのでありますw

 まあ、この財政発動ってのはどれくらいやるべきかなのだが、実は計算がようわからん。累積デフレギャップとかみんな極端な数字出し過ぎだと思う。過去の投資は償却されてるとか全然考慮されてない状態で足し算ばかりやってるしw
 でも、不稼働設備が動き出す程度=設備稼働率が80%になるまでは出すべきだと思う。そこまでは日銀がお金刷って借金してでもしたなりに急速にGDPが回復すると思うから。そっから先はムダですかね。

 そんな感じでミンス政権の出方を見てるわけ・・・もちろん落第なんですよwww


 で、上の現状認識に沿えば株買うとかになるし、沿わなければ最悪の事態もいつか起こりうるわけで・・・不動産など所望して帰る場所だけは確保しておかないといけないことになる。

 一応、私は両足突っ込んでおきます。諸々と言いつつ、いろいろ費用ってかかるんですね(TT)

(わっちは軽いリフレ派かな?)
 他にも考慮しないものはもちろんあって、いろいろ考えるのですが、目新しいものはなく今まで散々ブログに書いたことを超えない。多くは閉鎖してしまったけど・・・

 結局、日本国内で民間投資が増えないことにはこのデフレは直らないのかなと思う。 
 GDP増やすにゃ、1つは輸出して稼ぐ方法、もう1つは国内で付加価値がより出るようにする方法があるけど、どの道「投資」しないことには将来の付加価値なんか出て来やしない。
 散々非難される竹中たんがやってたのがまさにそれなわけ。良い悪いは人によるのでしょうけどね。でもあの時は外需も内需も両方微妙に稼いでた、為替とかいろんな条件がよかったもんで。

 投資して生産性が上がれば潜在成長率も上がる。(この種の議論で労働者の数がとか、人口が減るからGDP減るとか言ってる人は生産関数知らない人だと即刻断定できる。偽物だw)でも、これは供給側の改革。
 もう1つ需要側も手当てしないといけない。それは日銀引き受けだ、政府紙幣だ、といろいろ言う人いるけど、普通に国債を買い切れば良いでしょう。で、銀子が金貸しださないなら、政府が当面使うしか手がない。

 あとは、民間側で「これはいけるな・・・」って新規事業を思いつく御仁が出てくることをお祈りするしかない・・・国債が発散する前に(国債が年30兆円40兆円と増えていくと議論している人がいるが、どういう計算なんだろう・・・新規発行だけ足し算して考えているんだろうか?新規発行もあれば、償還されるものもあるんすがw)

 結局、デフレ脱出はケインズの言った「あにまるすぴりっと」を発揮してもらうしか手がないように思えるのだが、こんな流動性の罠にはまりこんで「デフレ均衡」とでも呼ぶべき状態の中、アニマルスピリット発揮してメラメラ燃え上がる闘志で事業を興そうという人はいるのでしょうか?

 私は降りますwww
 だって、長期金利がそう言っていますもの(もちろん、それは幻ですw)

※全然、まとまってないやん(TT)
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<常識が通じないのはなぜかな | 金銀妖瞳千里眼 | 「Something Missing」の歌詞>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。