金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

エセ科学リターンズ

 本当にどうしようもない人たちで・・・

(いったい何のための教育なのか?)
 クルマの事ほとんど知らない人間が車屋やイエローハットやオートバックス等を回ってて思ったが、まあ、常識すらないような発言が随所にあって、もうね、反論する気も起らなかったのでアフォのフリして話を聞いていましたが、あんたがた本当に高校か大学出たんですか?
 タイヤしかり、オイルしかり、車の軽量化しかり、ブレーキも、スプリングのばねとオイルダンパーの機能について等々、およそ車の基本的なところの説明がことごとくめちゃくちゃ、というか、トヨタやホンダのメーカーの技術者をボロクソにゆうのはいいけど、一応、ご立派な大学出て、ご立派なメーカーでいろいろ研究している人たちが取扱説明書や仕様書などで紙に書いて集団で嘘ついているとでも?三菱自動車はついていたが、それはまた別次元の話で、現実の前に実際どうしょうもないからわかってて嘘ついたってのと、元々から物理法則に反するトンデモ理論を客に我知り顔で振りかざすってのはどっちが悪質かといえばそりゃ後者だろ。そんなに燃費やなんたらに効果あるなら、メーカーが即刻採用しとるわ!
 売らんかなのマニュアルに盲目的に従っているという言い訳が通用するとでも?

 さらに25年やってるとゆうBMWの関東で3位以内に入る元日産の凄腕ディーラーのおっさんも、トヨタや日産はいろんな事故やリコール相当のものを隠してるだなんだと、それを政治力で隠蔽しているだの、人が死んだとしてそんなことが長年続くと思いますか?いいんですか?そんな商売してて?BMWともあろうもんが。通報しようかと思う。こうゆう御仁がいるだけでメーカーの信用はがた落ちと考えるのが普通だと思うがBMW如何に?

 さらには放射能でウソんこ流しまくるとか、水素水で何やらさらに炎上する悪寒で、いったい何ですか?あなたたち正気ですか?

(科学が信用を落とし、トンデモ陰謀論が広がる)
 「A=Bでなければ、AB両方とも偽」とかそんな公式があるんかしらん?
 わっちが小学校くらいのときに、なんとかまっとうな先生は「物事を批判的に考えなさい」と言ったものだが、批判というのは因縁つけて文句垂れるか、わずかでも批判があれば信じるに足りん、100%誰かが金と命がけで保証してくればければ信じる必要はないと理解している莫迦が多すぎる。それをcriticとは言わん。そんな理屈をサヨクもよく利用している。無論、詐欺師か三百代言の弁護士の理論だ。
 さらには現状の科学が万能でないことを反面に、科学で証明されていることにまでトンデモ論や陰謀論を振りかざすとか本当にどうかしている。せっかく「ここまではなんとか正しいだろう」という態度で先人が足元固めて進んできた道を、流行りの考え方でゼロベースで振出しに戻って考えようなんて態度が謙虚な態度なわきゃねえだろ。先達の試行錯誤を経て、なんとか耐えられるものが残っているだけの話で、さっさと先に進めよ。「1+1=2とは限らない」とか、いちいちかしこぶってふりだしに戻るな。2に決まってんだろ。こっちはいちいち説明してらんねーんだよ。わっちは先生じゃねえんだぞ!
 どうしてこうゆう輩の声が大きいのか非常に気になる。

(莫迦を放置するとどうなるのか?)
 わっちが知ってる世界でいえば、やはり経済学は1つの誤りを犯したことがある。雨で不況かスタグフレーションかそんなンが続いた挙句、経済学者なるものの信用が地に落ちたことがあるが、その時にボストンコンサルティングの政策プロモーターがワシントンに安物の競争政策の処方箋をもって闊歩したことがあったり、サプライサイダーなどトンデモ理論が一時的にでも政界等で跋扈するとかでえらい目にあったことがある。
 主流派はどうしてたかとゆうと
「あんなまがいものはすぐに消えてなくなるよな」
 と高をくくっていたら、何年たっても消え去らないということに気付いて、1990年代後半に慌てて、ちゃんとしたこと国民に説明しようって態度になった。今の日本はどうなんかねえ???
 
 確かに、最低限の知識もないような、おのれが学校教育をさぼってきたことを棚に上げてえらそうにものをゆうやつとか、そうゆう莫迦を相手に説得するということに労力を割くのは非常に疲れるし、そもそも莫迦は死なねば治らないのだからどうしょうもないことではある。わっちだってそんなことやるのはいやだ。
 でも、そうゆうのを放置しているとアフォがまわりまわって火炎旋風くらいに舞い上がっちゃうのよね。愚か者は邪悪なものより忌まわしいと言った言葉があるが、本当にインターネットも相まって簡単に炎上してしまう。トランプ見てればわかるだろ。ありゃNYやSFで誇張されて聞いたものもあるけど、あんな話が今になってわんさか発信されて、それに共感する莫迦がゾロゾロ出てきてることについて事情を知らない人はおろかだと思うだろうが、わっちは多少経験したから別に驚きはせん。あれはインテリが莫迦を説得することを怠った結果なのだと思う。アホ怒らしたら怖いんやでw

 とはいえ、わっちは個人の生活が忙しいから、そんな任から降りるというか、そうゆうトンデモ理論を振りかざして金を得た香具師はさっさと燃えちゃえと思う。

※参考までにホセ・オルテガ・イ・ガゼットの言葉を貼っておこう。
「したがってわれわれは、ここで、愚者と賢者の間に永遠に存在している相違そのものにつき当たる。賢者は、自分がもう少しで 愚者になり下がろうとしている危険をたえず感じている。そのため彼は身近に迫っている愚劣さから逃れようと努力するのであり、その 努力のうちにこそ英知があるのだ。ところが愚者は自分を疑うことをしない。彼は自分がきわめて分別に富む人間だと考えている。 愚劣な人間が自分自身の愚かさのなかに腰をおろして安住するときの、あのうらやむべき平静さはそこから生まれている。われわれが どうやっても、住みついている穴から外へ出ることのできない昆虫のように、愚者にその愚かさの殻を脱がせ、しばしの間、その 盲目の世界の外を散歩させ、力ずくで日ごろの愚鈍な物の見方をより鋭敏な物の見方と比較するように強制する方法はないのだ。 莫迦は死なねばなおらないのであり、救いの道はないのである。だからこそアナトール・フランスは、愚かな者は邪悪な者よりも いまわしいといったのだ。なぜなら邪悪な者は休むときがあるが、愚かな者はけっして休まないからである。」
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:2 | ∧top | under∨

鉄分多めが車買う

 GWですね。右足が痛いのです。

(鉄道、そして飛行機)
 わっちの人生で乗り物といえば電車だった。国鉄と阪急だけ乗ってりゃおkというね。
 で、大人になったら電車は乗り放題。飛行機もプラスでアメリカだのなんだの行き放題でしたが・・・東京生活もはや6年目に突入。普通は3年で放逐されるのが運命だが、なんの因果かまだ東京におります。
 で、関東圏の鉄道というか東京起点の鉄道はほぼ全部乗りつくしているわけです。只見線とか事情のある線だけ乗り残しています。北海道新幹線とか乗りませんよ。
 一応断言しておきますが、わっちは鉄ヲタではありません。鉄分多めですけどね。
 そんなもんだから、もう電車乗るってのがないのよね。まあ、暇な土曜日に本を読みながら東海道線で熱海や高崎方面へぶらりと行くこともあるわけですが・・・
 んで、飛行機も同様で飽きたわけです。どこかに行って、羽田に帰ってくるだけですからね。

 しょうがないから道でも走るか・・・現場からは以上です。

(車を買うということ)
 3月くらいから考え始めまして、いろいろディーラー巡りをしていたわけですが、よれよれの服にジーンズ姿で1人で毎週のように徘徊しているといろんなものが見えてくる。無論、そこだけということではあるが、まあ、今回の印象が一生を引きずることは間違いないので記録しておこう。

○ダイハツ
 まず最初に行ったところがココ。
 で、ほぼ何の予備知識もないまま突入していったので、いろいろ丁寧に教えてくれた。
 わっちの希望を伝えたらタントかウェイクを勧めてきたけど、値下げは1年中4万円な、ということでこれは何回通っても変わらなかった。

○日産
 とっても丁寧に説明してくれたし、試乗もさせてくれた。
 いろいろ相談したんだけど、一押しはデイズ・ルークスだったんで、これを押しまくりだったんだが、本当はCUBEとか他の車がよかったんだが、悶々としているうちに三菱の事件が発生して終了。

○HONDA
 丁寧に説明してくれたけど、いろいろメールでしつこかった。
 N-BOXとFREEDを勧めてきたけど、いかんせん値下げがなんか納得いかん印象。
 確かに広い空間がほしいといったが、軽は論外だし、3列目が折り畳み式の椅子ってのがどうも納得いかず。

○東京トヨペット
 何度か行ったけど、毎回不愉快な思いしたところ。
 最初に恐る恐る入って、軽く見積もり作ってって言ったら作ってくれたけど、そのあと数分で追い出された。
 次に行ったら、話もちゃんと聞いてくれずに、軽くあしらわれたので、勝手に置いてあるプリウスとかシエンタとか触ってた。
 プリウスは何回も乗ってるからうれしさはないんだけど、まあ無難だよね。シエンタは3列目を2列目の下にしまって、2列目も倒してしまえばウォークスルーで1人占有空間大なのでわっちの要望に合うと思ってた。アルファードもあったけど、確かに空間は広いけど、わっちが1人で運転席で運転してたら、その後ろの空間はいったい何の役に立つのか?ということでこれはダメ。他もちょろちょろ触ってた。
 で最終段でわっちが冷やかしじゃなくて本当に買う客だとわかったら、若手を押しのけて、支店長代理が食いついてきやがって、テキトーな値下げプランを提示した後に帰るって言ったら、帰らないでくれとかなんとかうるせーんだよ。
 わっちはこうゆう態度が豹変するやつが嫌いなんで、以後、おちょくり対象としたのです。

 一生買わねえな、トヨペットではな。

○スズキ
 なんだかんだでスペーシアを勧めてきた。
 カタログとか見てたらいろいろ装備が充実してたんだけど、いかんせんスズキなんかペライとしか思ってなかったので、真面目に話聞いてなかった。スマン。エネセーブやいろんな装備も所詮2流品であり、いつまでまっとうな能力を維持できるか信用できないし、燃費ったって踏んじまえばカタログ値は出ないのだから、全く興味わかず。
 カタログだけで比較したら候補に残るとかそうゆう作戦なんだろうか?実物見たらチャラいんで買う気は失せた。

○三菱
 最初っから買う気なかったんで行かず。
 そしたらさあ・・・燃費不正で自爆してやんのwww

○マツダ
 お店は行ってません。
 SkyactiveとかよさげなんでCX-3だっけ?トルクの強い車を考えてもみたんだが、人生初の車をマツダで買う気になれなかったんでパス。
 ディーゼル車好きなんで、将来検討に乗ればいいね。

○東京カローラ
 軽くお話して、軽く見積もり作ってもらって終了。
 ほとんど記憶に残らず・・・

○東京ネッツ
 こちらも短くお話しして車の推薦をしてもらって、さっさと追い出されるというね。
 入口の兄ちゃんが商談に入る客かどうかさばいてやがるんで、どうにも長話にならないという。
 なんか車買う気になれなかったなあ・・・

○フォルクスワーゲン
 そうだジェッタがいいじゃないかと駆け込んでみれば日本で売ってねえとか。中古で買ってねとか。
 事件起こしてどうにもなんないみたい。
 でもね、おらはフォルクスワーゲンは好きだし、ディーゼル機関も好きなんだよ・・・またね。

○BMW
 今回、最悪だったのがココ。
 なんかやり手のおっちゃんが出てきたが、自慢話と知識ひけらかしと他社の悪口三昧でわっちに話をさせず自分の話だけするという、最悪の奴だった。わっちも話に乗っていろいろ話を引き出してみたればゆうわゆうわ。
 お話してるとクレジットでもってゆうから「まあ現金で買いますけど」って言ったら、「はあ?」みたいなしょげた顔しやがって。ありゃあよれよれの服着てるわっちを完全に見下してたな。
 BMW買うかな~とでも思っていたけど、一瞬で興ざめした。何がステータスだ、何がお客様の満足だ。
 BMWだからって何もかも世界でナンバーワンってわけじゃないだろうに、なんだってんだ。

 BMW金輪際買わないかなあ・・・気分悪いよなあ。

○ベンツ
 対象外ということで。ベンツにはろくな思い出がないもんで。

○東京トヨタ
 ここがトヨタ系で一番まともな対応だった。なんというかTOYOTAの本尊の販売店なんだろうか?
 若い兄ちゃんがちゃんと説明してくれたよ。ノルマとかいろんなことも教えてくれたよ。

(要望)
 特に車に走りもくそも求めてなかったんで、とにかく1人で運転してて、1人で使える広大な空間のある車がほしかったのですね。
 そうゆう車ってのは数あれど、実際にはハマるものはわずかしかないわけで、そこから選ぶしかないけど、まあ決めたよ。

 これからタラタラ関東周辺の道を走ることになります。都心部の下道とか走ってみて、いろいろ町の形を確認してみたい。渋滞だけは避けたいもんですね。
別窓 | リアル三百代言 | コメント:6 | ∧top | under∨
| 金銀妖瞳千里眼 |