金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

マニアック・マニア

例の杭問題ですが、処分が出たようです。
http://www.mlit.go.jp/common/001115656.pdf

で、普通の人はこれ読んでも何書いてあるかわかんないと思うから、まあ、可能な限りチャチャを入れようってことでw

◯三井住友建設 国土交通大臣許可(般・特23)第200号
 (処分等の内容)指示処分及び指名停止1ヶ月

 指示処分というのは営業停止よりは軽い処分だが、法に基づくので処分としては重い。経営事項審査で大幅な減点&指名停止措置がかかって公共工事の入札に入れなくなる。無論、国土交通省だけでなく、追随して、全国の地方公共団体の公共工事も指名停止で取れなくなる。ただ、この時期の指名停止1ヶ月であれば、年末発注の工事位なもので、営業上の影響ってのは軽微かと思う。
 
 ただ、この指示処分は国土交通省お怒りモードです。
 三井住友建設は監督不足にもかかわらず「下請けがやったことでオレは知らねえ」と言い訳したので、そんなもん許すかボケーってことです。なぜ平身低頭に謝ることができなかったのか?謝っても指示処分だったと思うが、心象は非常に悪いと思う。

◯日立ハイテクノロジーズ 国土交通大臣許可(般・特23)第14017号
(処分等の内容)営業停止15日及び指示処分
 元請から受けた工事を丸投げして旭化成建材に投げて何%か利益を抜いたという非常に悪質な事案。個人的にコイツが一番悪いと思うが、何故か世間は旭化成を叩く方向に。お前らバカだろと言っておこう。

 だもんで、国交省の処分は元請けよりも重い「営業停止処分」。無論、これに伴い、全国で1年位は指名停止処分になる。まあ、元請で取らないから影響ないかもしれないけどね。経営事項審査もマイナス30点という大減点。
 国交省は超絶怒ってます。当然でしょう。なぜかは自分で考えようw

◯旭化成建材 国土交通大臣許可(特27)第7554号
(処分等の内容)営業停止15日、指示処分及び勧告

 日立ハイテクノロジーズから丸投げを承知で受けたことが重い。専任技術者置かない、不誠実な工事をやったで、コイツも一番重い「営業停止処分」。影響は上に書いたとおり。
 国交省は超絶怒ってます。まあ当然だよね。

 で、これで処分が終わりなんだよね。でも、ホントにやりやがったやつをこれで全部処分しきったかというと・・・なんだよね。

 以上わかったかな?(わかるわけないよねw)
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨

ヤバイと思いますわよ

 まあ、勘所を押さえておきましょう。

(アベノミクスのバカ~)
 自分は何ほど偉いのか知らんが、日銀とかボロクソにいってる御仁がいるが、どうしょうもないと思うね。
 一応、サマーズの言葉があったので拾っておこう。
・日銀の量的緩和の効果が薄まったとしても、今やっている方向は正しい
・財政政策は整合的でない。消費増税はやめたほうが良い
 まあ、クルーグマンたんの言ってることと同じですね。サックスもそうです。

 これに偉そうに噛み付いている人たちっておめでたいとしか思えない。

※過日、消費増税はしょうがないと言ってたけど、もう止められないと思ってたから上げるのしょうがないと言ったけど、首相の一言で止められるんだね。それなら消費増税は当座やめたほうが良いに決まってる。

(中国がコケるとしたら)
 ロイターがこんな記事流してやがるんだが・・・

 [東京 12日 ロイター] - 日銀と中国人民銀行が、通貨スワップ協定の締結に向けて交渉していることが明らかになった。
今回の交渉は、どちらの国から提案したか今のところ不明だが、米利上げを背景とした人民元の急落など為替市場が不安定化するなか、中国市場で活動する邦銀や、円資金を必要とする中国企業などに対し、セーフティネットの機能を提供する意義があるとみられている。
有事に日本円と人民元を交換する通貨スワップは2002年3月、アジア通貨危機に対応する形で構想された「チェンマイ・イニシアティブ」の一環としてスタート。安倍晋三政権下の日中関係悪化を背景に、2013年9月に期限を迎えた後は更新されていなかった。

「円資金を必要とする中国企業に対してセーフティネット???」
はあ?お前ら円が調達出来んとでもゆうんか?

最初見た時、韓国のようにドルのスワップ協定かと思ってたら、人民元と円のスワップみたいですね。なーんだって感じです。
余談だが、韓国とのスワップはドルのスワップだからね。絶対にやらないほうが良いと思う。中韓スワップは人民元だからねw

ただ、いろいろ考えたんだけど、中国がチ~ンってなるのは外貨準備危機からだと個人的には思うのよね。というのも、たとえお笑いでも財政政策も金融政策も為替もいろいろ中国はやってくるんだけど、無限じゃないのが1つだけあって、それが外貨準備なんだよね。財政支出も金利コントロールも共産党の一存でなんとかなるんでしょう。でも、ドルだけは自分ではどうしょうもない。

うろ覚えだが、中国は世界一の外貨準備高を持っていますが、世界一の海外純資産額を持っているのは日本です。要するに中国はドルの資産も大きいけど、ドルの負債も大きいんです。で、日本は外為特会とかそのへんで大体見えるんだけど、中国の外貨準備高はよく見えない。米債だけで占められているとか単純じゃないので、その実どうなっているかはわからない。国営企業なんかも混じっているとかなんとか・・・
で、一説には過去の資源バカ高買いなんかで外貨の勘定で大損してるんじゃねえかとか、いろいろ疑念が拭えないんですね。というのはあれだけ外貨を持っているはずなのに、何十億ドルという起債をバンバンやっているので、ホントに外貨持ってんのかよ?という話にもなっているわけです。そのへんはどっか調べればわかるので調べてくれ。

何が言いたいかとゆうと、この外貨準備高の運用って、なかなか難しいんだよね。中国は確か1971年に1度外貨が尽きています。ポンドがなくなったので金を売ったのですね。それを助けたのが日本ですが(過去記事ググれw)、中国はこれだけ外貨を稼ぎましたが、その運用の経験など皆無と言ってよく、おそらく場当たり次第の適当運用になっていると思いますね。アホ会社が儲かったら社長が株を買っちゃうみたいにね。

中国の海外純資産額って1.2兆ドルくらいだったかな?詳しくは財務省のページ見たら良いけど(あのデータは財務省の良い仕事だと思う)、危機が起こって外貨介入とか中国の規模で1兆ドルで足りると思います?しかも1兆ドル相当ってだけで、1兆ドルあるってわけじゃないからね。

それと中国の外貨の政策って、完全に場当たり的で、自ら損をしていくような感じになってる。わかってない。
人民元を国際化しようとSDRに採用してくれって頑張るために、人民元レートの2重レート(オフショアとオンショアで価格が違うのよ)を直せと言われて、オフショアの価格に人民元安で一括で突然合わせると、株価暴落してみんなが迷惑したりwww
体面重視の中国らしいと言えばそうなのかもしれないが、人民元国際化をやりなさいと上から言われて、実際やろうとするといろんなところで中国自身がひどい目にあうというね。それだけ国際基準とずれている。人民元だって、自由化すれば暴落していくんだよね。ソロスみたいにやれるんだったらみんな売りかましたいと思ってる。それを必死にあの手この手でさせないようにしてるってね。

そんなもんだから、解決できない問題が起きるとすれば、そりゃドルですよ。そのきっかけが日本とドルスワップ協定を結ぶってことになるかもしれないね。そのニュースを見たら超危険信号だと思っておきましょう。当面来ないと思うけど、中国のドルが尽きる時は意外と早いと思う。5年以内と言っておこうw
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。