金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

nasne導入

 生活がちょっち変わるのかも。

(nasne導入)
 基本的に椅子の周りにテレビやディスプレイがあるからなんの苦労もないのだが、一歩離れたらテレビもディスプレイも見られなくなる。
 そんな時にスマホやタブレットなのだが、ネットは出来ても、テレビは見られない。いや、テレビは見られるけど折れそうなアンテナ引っ張らないといけない・・・

 そんな折にnasneを知ってはいたのだが、SONY製品と関連付けなければどうにもならないシロモノなのでほっておいたが・・・どうやらこの春に生まれ変わったらしい。PS3やPS4なしでもおk。もはやおまけだ。

・torne ネットワークでテレビを見るアプリ
・nasne チューナーの付いたハードディスク

 こいつを導入したら、家の中でも、外でもネットを介してテレビが見られる。無論、地下鉄の中やビルの中でもテレビが見られるわけである。問題となるのはネットの容量だけだ。WIFIなら無問題。LTEなら月5GBなら月4時間半くらい見られる。

 タブレットでテレビが見られるなら、新しくテレビを買う必要はない。PCでテレビが見られるなら、もはやテレビ受像機などというものを買う必要はなく、PCのあるところテレビと化す。テレビ受像機が受け持てる分野は大画面だけだ。

 これで、どこでもごろんごろんしてられるわけであるwwwwwwwwwwwwwww

 nasneの持つネットワークテレビというものをちゃんと理解したら、生活はちょっち変わると思う。ゴロゴロしながらよくテレビを見るという人は導入してみるという手はあると思う。
スポンサーサイト
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨

紅白まんじゅうの手を割る論

 あまりにもアホらしくて・・・

(モノを知らないと傍から見ると恥ずかしい目に遭う)
 記念式典があったわけさ・・・紅白まんじゅうを配ろうとしたわけさ・・・
 で、東京では有名な岡埜栄泉に頼もうってことになったのだが、ぬわんと岡埜栄泉が断りやがると。うちは紅白まんじゅうやってませんと。
 仕方がないので、銀座三越に紅白まんじゅうを頼もうとしても店の名前がわからんと来る。東京系のお店に仙太郎と聞いてはみるものの、店自体を知らんと・・・
 で、わっちが割入るわけだが、知らん香具師がえらそうにしやがって、人の話を聞きやがらないが、大声で叫んでいるので、仙太郎とはこういう店でとか教えてあげるわけ。
 で、予算聞いたら1箱1000円だというから、だったら「たねや」でいいじゃんと。で、たねやを知らんと来る。おいおい(^^;

 説明の上、たねやに注文したはいいが、後日聞いたらキャンセルになってるとか。理由聞いたら、運んでくれないとかなんとか追加のサービスを要求したからたねやに断られたんだと。つーか、ものの頼み方知らねえのかと。そんなもん普通断られるわ。
 その後、何とかしたらしいが、わっちがたねやを推薦したというと「そりゃダメだ。東京のお店じゃないから」とか文句いう親父がいる。もう知るかよ、勝手にしろや。

 という話ですね・・・齢40も超えたら、ちったあ物の価値を知るお年ごろか、知ってる人の話を謙虚に聞くもんだと思うのだが・・・

※ちなみに東京系の和菓子屋は有名どころはあるが、そこそこおいしいであって、めちゃうまではないのですね。まあ、たねやや叶匠壽庵など、ちゃんとしたお菓子屋には敵わないレベルなんで、あんまり期待せん方がいいと思う。
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨

ギリシャの手割論

 いつもながらの・・・しっかし、つまんねえの。

(アフォを見分ける手割論)
 ギリシャ騒ぎは一段落のようだが、その解説などをふんふんと聞いて喜んではいなかっただろうか?いや、それは全然良くないぞ、もっと楽しむ事ができたはずだからだ。そこで今回もお得意の手割論というわけだね。では、いろんな主体を見てみようじゃないか。

○ギリシャ
・チプラスたん
 よくわかんないが、結局はただの莫迦だったということかにゃ。手続論にも配慮なく、勝手に文句言うわ、国民投票やるわで散々騒ぎを起こした割には得たものは当初よりマイナスという、どうしょうもない御仁。
 こうなった原因は・・・振る舞いが下品で粗雑ということに尽きると思う。上品に我慢して会議でマナーを守って振る舞っていれば、違う結果はあったとは思う。
 まあ、こいつが莫迦なのはだれでもわかる。ヨーロッパの老獪な爺が吐く怪気炎なんか相手にしてたら、そりゃ軽口も叩きたくなろうというものだが、ドイツを怒らせてはいけないということは理解できなかったようだ。

 個人的にはもう少し莫迦な振る舞いを期待していたが、そういう大物ですらなかったようだ。悪態つくならもっと真面目にやれ。

・バルファキス
 同じく、学者としては正論を言ってたと思うし、事実その線で会議の席で講義垂れてたらしいけど、結局最後のところで口の悪さが災いして交渉が台無しに。やはり、交渉にはマナーがあるということがすっぽり抜け落ちて、正論ばっかり吐いていたらそりゃまとまるものもまとまらない。政治家ではないという時点で交渉者として失格・・・莫迦でいいと思う。

・ギリシャ人
 そして当たり前のことだが、ギリシャ人自身が「緊縮はもうたくさんだ!」などと騒ぎたてるのは客自身が「お客様は神様です」と言い募る姿と変わらない喜劇だということだ。しょうがないじゃなくて、もう少し謙虚な姿で強行に言い募るべきだったとは思う。まあ、大衆には無理か。大衆だからね。

○ドイツ
 ドイツの対応ははっきり言ってひどい。全体のことをまるで考えてない。債権者として文句言うだけなら、マクロ経済のことなど知ったことかという対応だ。
 結局はメルケルの言い分が通っているということになる。一応、まとまる結果は残したものの、EUとユーロという壮大な実験(経済も安全保障も欧州合衆国の夢も何もかも)に対してドイツは今の時点では最後の責任を持たないということを露呈した時点で、前回のギリシャ騒ぎに学ばず、ああこいつらは200年前のヨーロッパのどん百姓精神から何も変わってねえなということになる。
 ギリシャ支援は債権放棄からいろんな手段があったと思うが、結局は国民感情を優先した時点でドイツの根性なしはわかったわけだ。無論、ギリシャ救済を考えているメルケル単体はよくやったと考えることもできる。特にドイツにとってはね。

○フランスその他
 まあ、空気だったよねwww

>>>こっからが本番
○ギリシャを罵る人
 今回の騒ぎについて、単にギリシャを悪いとして判断していた人は単なる莫迦と断じて良いと思う。問題はそんなに単純じゃないし、ギリシャが緊縮財政を強いられて敷いていることについては一家言あってしかるべきだからだ。無論、前回のギリシャ危機からそう言っておかねばならない。

○ギリシャを破綻させて、ドラクマ導入して債務整理をするべきだと言っていた人
 金融クラスタに多いが、企業の破産処理じゃあるまいに、いろいろ債務再編などを検討した上で、結果としてこうなってしまうというならばまともだと思うが、ギリシャを論じるにあたって、最初からこういう論調を言い募る香具師はちょっと頭がオカシイと気づかねばならない。
 この差、わかるだろうか?

○主流派経済学者
 今回の騒ぎも見事にギリシャの怠慢も突きつつ、でも、ギリシャの債務再編についてマイルドな策を提案する人ばかりであったね。そう、普通、そう考えるのが常識というものだ。クルーグマンみたいに罵倒する人もいるが、まあ、アレはもはや芸の域。

○IMF
 ラガルドの振る舞いは問題なかったと思う。
 特に6/30にデフォルトとなるべきところを「滞納」などと小賢しい対応をしたところなども小憎らしい。
 結局はギリシャを突き放す対応をしてなかったということだから、細かいところは置いといて大筋問題ない対応だったかと思う。
 やはりラガルド体制のIMFは一昔前のIMFとは違う。

○EU大統領
 ドイツがテーブルを蹴って部屋から出ていこうとした時に、部屋から出て行くのを止めたそうじゃないか・・・権限などあまりない人だとは思うが、まともな人だと思う。

 こんな感じかな。みなしゃんはどう思います?
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 金銀妖瞳千里眼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。