金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

シリーズ粉飾決算(架空売上)

 シリーズ化する保証はありませんけどね^^

 対粉飾決算として投資家としてできることには限界はあります。与信の世界なら、もうちょっとできることはあります。そういう視点で見てくだされ。

 今日は初発ですから、簡単なものを。

(売上の架空計上)
 最近ではFOI(エフオーアイ)ですかね。わっちは全く知らない会社でしたが、まあわっちがもし数字を見ることがあったら100%引っかかってないことは確実です。それくらい初歩的なんですね、アレ。
 売上の水増しというのは初歩的ですが、ちょっと簿記や経理をかじったものが手を出しやすい分野で、その構造も極めてシンプルです。実は合わせ技をやると結構危険な部類に入りますが、またの機会に(いや、これホントに公開できんのか?の危険なレベル)

 前提として、粉飾決算にもルールってのがありまして、簿記の仕訳の原則からは絶対に逃れられないわけであります。もちろん全くの妄想から出た嘘というのも作れますが、どのみち両建で仕訳しなければBSは作れません。だから簿記の知識は必須です。

○基本形 「売掛金/売 上」

 FOIの場合はこれを繰り返して、売掛金が年商を遥かに超越したレベルまで累積してたみたいですけど、正直、平成の御代で今頃こんな粉飾決算するのか?というレベルですね。素人がやったとしか思えない。社内の理屈に合わせて、クリアできる証憑書類を集めて公認会計士とか主幹事証券会社とかに提供した程度でしょう。
 お金貸してる銀子も銀子で、あの数字でわっちなら絶対お金貸しませんが、銀子も莫迦じゃないからわかってた上で「上場したら返済しますから」と言われて追い貸ししちゃったんだと思います。悪いシトですねえ銀子w

 つまり、関係者は「みんな知ってただろ」って思うんですけどwww

 こういうのって、粉飾決算を見抜く技術がどうかとかのレベルじゃないんですよね。
 基本的に「売掛金が年商を超えたらレッドカード」という基準を持っていれば、近寄ることもないわけです。この基準の例外は「売上激減時にも適用するが、激減の理由を精査」ということです。それ以外はよく効きます、このルールw

 では、売上の架空計上を妄想してみましょう。

(妄想ちう)
・全くの架空
 証憑書類だけテキトーに集めて、売上を増やす方法。
「売掛金/売上」となるのだが、証憑書類はそれなりに加工して出てきちゃう。
 正直、少額であれば分かりません。

 数字上で基準を持って当たるか、役所その他の公開情報と突き合わすとか、真面目にやるなら企業の受注環境の聞込みをやって、本当にその仕事を請負っているのかどうか、いろいろ裏をとることで発見はできます。

・売上の計上基準
 受注した時点で売上に上げちゃう。発生主義を取り違えた仕訳ですが、たまに見かけます。
 アフォな会社だけがやるのかと思ったら、FNM(ファニーメイ)やFRE(フレディ・マック)までやっていたんで、キレイな売上や利益の上昇曲線が見られると美味しいか腐っているかの見分けがつかなくなります。たぶん、腐りかけが一番美味しいんですw
 正直、FNMやFREでわっちは見事に騙されています。かたやバフェットは見事に全株売却で売り抜けています。いやホント、数字見て逃げたのか、内部情報で逃げたのか・・・わっちは後者だと思いますね。数字だけ見てたら素晴らしかったもんorz

 仕訳は「売掛金/売上」なんですけど、売掛金の内容が将来のものだもんで、数字だけ追いかけていると少々の金額では気づきません。そのうち売掛金が累積してきますので、その時点で御用。
 これホントに発見したときには売上は来年分、費用は今年分となってて、売上額相当の修正を迫られたりして、すごい債務超過になったりするという、ホントにすごいことになってしまいます。簿記を知らない経理が当初からそういう計上方法をやっていたのが10年も続くうちに、ずれにずれて最後にあぼーんという結末を導きます。

 正直、これ救われません・・・というか、リアル助かりません。

 対処法としてはやはり数字の基準で警戒して逃げるか、売上の内容を聞込みして裏をとるのと、売掛金の明細を受注の内容で確認することです。公共発注だと役所のホームページで工事名とか公開されているので、何年度の発注で、誰が落札したかネットで公開されているので、それで裏は取れます。プラントの発注なんかは金額でかいので、必ず裏をとる癖をつけましょう。
 この辺、電子政府万歳です。

・循環取引
 加ト吉やIBMでお世話になった循環取引。
 数社で結託した上、決算期がバラバラだと普通外部からは見つかりません。内部監査、特に社内で見つける以外方法がないと思います。経理部門が本気で調べたら絶対にわかるはずです。

 特徴は売上だけが増えて、利益はないに等しいので、粗利率が下がることです。もし、利益を付加した状態で循環させると利益分と税金分だけ被害が累増することになります。

 これは証憑書類が全部揃っているので、1社だけ追いかけても他の勘定と混ぜられた数字出されるとハッキリ言って外部からはわかりません。せめてセグメント別で粗利率が下がり続けているとかでハケーンできれば御の字です。
 本当に難しいです、コレ。

(対処法)
 売上そのものをごまかしてくるわけですから、やはり、反対側の売掛金を追いかけるのがセオリーですね。
 結局、本当に売上があるかどうかを地道に確認するしか手がありません。それは聞き込みしかないですね。

 聞き込みができない人は売上と売掛金の伸び率を時系列で並べて、事業環境や同業他社と比較して全体的に考えましょう。目新しい方法ではないと思う人もいるでしょうが、プロでもやる方法です。やってない人も多いですがw

 あるいは年商比で一定の基準をもって線を引っ張ってしまうのが簡単です。これならこういった企業に近寄ることもはないかもしれません。売掛金が年商規模とか、年商の半分とか基準は人それぞれなので、自分で調べるか考えましょう。わっちの基準は今は公開しないことにします。

(売上粉飾の動機)
 要するに「売上の大きい会社は良い会社」と財務知ってる人も知らない人も素直に考えるからですね。その辺りをやってくるわけです。
 他には売上のノルマに追われて内部の社員がやっちゃうとか、一番ひどいのは経営者自ら率先してやっちゃう場合ですね。これは立派な背任です。というか、情報管理なんかできると思っているんでしょうか?知ったうちから、みんな逃げる時期を考え始めちゃいます。
 さらに給料が売上に比例する歩合制敷いているとか(普通、利益に連動させるのが歩合制ってもんでしょうが)ですかね。

 こういう単純な売上粉飾は韓国・中国なんかで横行しているのは周知のことですが、逆に言えば彼らがそんなレベルでいてくれることを願うばかりです。もっと恐ろしい手口を本格的に導入してきたら、正直どうなるもんかわかりません。

 最後に売上架空計上を認めたシトの言葉を掲げて締めたいと思います。

 その1:ナメてる
「売上が増えれば、審査は簡単に通ると思ってました」

 その2:事情がわかる
「売上が減ってしまうと、ランクが維持できないんです」

 その3:心の底から潰れてしまえ!
 夕方の4:30ころに電話してたけど。
「社長、来年度の契約の売上まで計上してますやん」
「契約の時点で売上に上げて、売掛金を計上するので正しいじゃない」
「社長、経理のことわかってないから、代わりに税理士と話させてもらえない?」
「そんな必要ないよ」
「仕訳とか会計とか、社長わかんないでしょ?」
「わかってるよ」
「なんで?」
「ボクは昔銀行にいたんだよ」
「余計ダメでしょう」
 その翌日の朝・・・
「なんか用です?」
「昨日は酔っ払ってたの、ゴメンゴメン」
「まだやります?で、売上の計上ですけど、なんで来年の分まで計上されてるんです?」
「それは契約した時点で売上と売掛金をあげるんだよ」
”まだ、酔っ払ってるやん”

※真面目な話しながら、結局、笑いに走るという・・・これは仕様ですw
スポンサーサイト
別窓 | 知識の泉 | コメント:8 | ∧top | under∨

今さらながらミンス鳩山由紀夫はクソ

 大臣辞任予想が外れた記念に・・・

(一本道かよ)
 「5月末が期限」とか一人相撲に浸る首相を前にして、わっちはあえてそのままにならずに延長線があると踏んでいましたが、文字通り5月末で一応決着するとは。わっちは鳩山由紀夫という人間を読めてません。
 これまでの経緯を手割論のようにちょっと考えてみましょうか。

(全力でクソを投げつける)
 政権奪取前からテキトーなこと言っておったのですが、政権交代直後から潜水艦のように沈黙していたと思ったら、冬になってネゴもなくいきなり雨に全力でクソを投げつけるという。アメリカは当惑したでありましょう。
 その後に沖縄に散々っぱら期待をもたせるような発言を連発し、自民党を罵りながら時間稼ぎをし、国民新党と同床異夢の中、様々なリークでクソを投げ続け、様々な方面から怒りを買いながら、最後に全力で真正面から沖縄にクソを投げつけるという・・・これ普通の人ではできません。

 真正面からクソを投げつけた沖縄に加えて、サイドスローでこれまた全力で徳之島にクソを投げつけたと言うにとどまらず、あまつさえ知事会にまで全力でクソを投げつけるという離れ業までやってみせたのは異形の姿というしかない。
 最後には日米合意と同時並行という形で多少のリークを背景にこれまた全力で同志の社民党にクソを投げつけるという姿は非情そのものであり、常人のできることではないと思われ。
 この事態・・・元々、全身クソである社民党に”あえて連立に残って欲しい”とさえわっちのようなものにまでに思わせた、国民に2重にクソを踏ませると言うある種の爽快感まで与えたことは特筆に値しよう。

 野球で言えば、1イニングに5つアウトを取られたようなもんで、もはやルールとか関係ない次元にあるのですな、この御仁。

 すげえ。


※そういや、年末に清水寺で今年を表す漢字書くのあるじゃないですか。
 あれは「嘘」とか「怒」とか言う人がいるが、わっちは

「糞」

 でお願いしたい。
別窓 | リアル三百代言 | コメント:4 | ∧top | under∨

困ったあなたに捧げる粉飾決算講座(概説)

 酔っ払ってる勢いで書いてみましょうね。普段は飲まんのに。

(バーローバーロー)
 世の新聞とかテレビとか、たま~に出てくる「粉飾決算」という言葉。
 で、粉飾決算がわかった後で、「いや実は怪しいと思ってました」とか「そんなの前から知ってたよ」とか「こんなの投資家を欺いでひどい」とか、いろんな反応が出るわけです。
 そんでまた、こんなニュースの時にちょっと心配になった経理か営業の責任者のシトたちに「与信管理の秘密」とか「債権管理のためのなんちゃら」とかいう本を誰かさんから勧められちゃったりするわけですね。

 ハイ、全く興味がありません。

 まず、粉飾決算は確かにイケないことでございますが、そんなの非上場含めればいくらでもございます。
 で、その粉飾決算を発見できるというのは”わずか”でございます。
 そんで粉飾決算は”断定”されなければ粉飾決算にならないわけでして、そのほとんどは”怪しいな~”というものなんですね。
 
 粉飾決算対策はとにかく”怪しいと感じる”ことでございます。
 で、普通の投資家が粉飾決算について知りたいと思うなら”感じる”というレベルまで決算書を読むべきですが、そういう体験はしないだろうから、どっかに落ちている粉飾決算対策情報を探すべきなんでしょうけど・・・まっ、ネットで探してもムダでしょう。誰もそんなこと書かんし、税理士他プロたちはお金取る話だから絶対書かない。だって、粉飾決算を彼らは作っている立場の人達ですからw

※名誉のために言っておくと、ほとんどの税理士の心は腐っていませんよ。何とかしようと思ってます。ただ、銀行の審査を通るために許される範囲でいろいろやるというのはあるんですが、許される範囲ってのが決まりはあるけどグレーなんだよね・・・

(粉飾決算をする理由)
 いろいろありますが、大きく分ければ2つでしょうね。

○税金の計算をするために
 ・・・つまり脱税ですな。コレはいけません。見っかっちゃったら、シャレになりましぇん。

○銀行や信用保証協会、問屋・商社の与信審査を通るために
 世の中の粉飾決算の理由のほとんどはこちらでしょう。
 たまに財務指標とかそんなのを表裏で基準を掲げてるところがありますけど、そういうところはすぐに対策されてしまいます。これね、統計取ったら分布の曲線がナイアガラみたいに(ry

 理由が違えば、粉飾する方法も違うのですな・・・これ重要です。


※反応あったら、続きあるかも(酔ってたらねw)
別窓 | 知識の泉 | コメント:2 | ∧top | under∨

「断腸の思い」は重いを超える

 ここ最近、ひっくり返ったのが「断腸の思い」という言葉なんだが・・・一応、「断腸の思い」について、以下とくと考察してみましょうw

○東国原知事「本県や日本の畜産を守るため、断腸の思いだが、協力をお願いしたい」
 意味が良くわかりません。
 畜産農家が殺処分後に思う気持ちを知事が慮った挙句に、論理の飛躍から突っ走った表現と汲み取るべきなのでしょうか?

○鳩山総理「断腸の思いで下した結論だ。沖縄県民に心からおわびする」と陳謝した。
 これも意味がわかりません。
 善意で想像しても誰が「断腸の思い」をするのか、主体もハッキリせず、一体どういう論理の飛躍でこういう言葉が出たのか考えたいところですが・・・考えるのもバカバカしいくらいに単純に間違いなのでしょうw
 表現の質としては東国原たんよりも相当悪いです、コレ。

○村長の思い
 市町村合併が進むにつれ「市町村」という表現ではなく「市町」としか表現できない県も増えておりまして、そういった希少珍種になりつつある村長さんに日々のしかかる財政事情を慮った言葉なのだが、一部ゲームの世界ではたいてい村の宝を盗まれたり、魔物に襲撃されたりして、自分では解決不能な毎日を悶々と過ごしながら、通りすがりの善意のシトを待つという思いも含まれておりまする。

○短調の思い
 楽譜のメジャーは長調なんだけど、時たま変拍子連発のプログレ好きには変拍子だけでなく、短調まで混じり込んでてぐちゃぐちゃになってる曲を聞くのがまた乙という・・・

○単調の思い
 セミナーとか会議とかで、大体急ぎゃしねえし、流行もんでどうでもいい議題だがとりあえず出ておこうかというのに出席して、机の上の資料に目を通してたら、目の前に現れやがった講師が資料の字面をそのまま読みやがるので、「そんなもん読んだらわかるわ!」と心の中で高らかにツッコミを入れるが、なにぶん周りには100人ほど出席者がいるもんで声をあげること能わず、足ぶらんぶらん、はよ終わんねえかな、でも会社にはとりあえず帰りたくないし、眠いけど寝れないし・・・などという状態の時に。

○山頂の思い
 登山が趣味でより有名な高い山にのぼることに快感を覚えるシトたちが、いざ勢いで山頂に登ってみたは良いものの、逆に降りようとしたら急勾配だわ、死体はゴロンゴロンだわで、帰るのが非常に億劫になってしまい、死にたくないけどこのまま山頂に居続けると死んでしまうのは確実なのを悟る度に副交感神経で腸のあたりを自由に動かせるようになってしまった人の思いを指すのだと思われる。

○浣腸の思い
 誰もが肛門に刺さる前と刺さった後と抜いた後のなんとなく肛門締め続けて我慢している時の思いはお尻が震えるほどのものがあるものw

○延長の思い
 おにゃのこだけのお店に行ってみたは良いものの、大した会話も弾まず悶々としようにも悶々としててもしょうがないわけで、そんなわずかの迷いの隙に「延長どうされます?」とか今までのタメ口調から変な敬語を聞いた瞬間、一瞬で帰るべきかまだ粘るべきか考えるのだが、結局、ここで帰ったらケチなやつなんだなと思われるの癪だとか・・・あとで振り返ってみると、この時の頭の回転が普段の仕事で生かされれば俺なんも苦労することないのに、と思った貴方にw

○店長の重し
 本部からノルマの数字はミスもなく来るのに、新商品の商材がやわいわ、納品遅れ、果ては配送ミス等がたたって、ムダな復旧作業に負われている毎日を過ごしている店長さんには俺のせいじゃないのに店としての責任と名のつく重しがありまして・・・ちなみにこの重しを腰にくくりつけて大阪湾に飛び込めば浮かび上がることはないのは必定で、通常の漬物石の1.5倍早く沈みますw
 

 いや~日本語って本当に難しいですね。
 それではまた、来週お会いしましょう!
別窓 | リアル三百代言 | コメント:0 | ∧top | under∨

やっぱりミンス鳩山はおかしい

 いや、今にわかったことじゃないんだが・・・

(先頭切って)
 水面下で言われていた韓国船沈没やったのは北ぴょんだというのが、リアル証拠が出てきて断定されますたが、まあ、貢ぐだけ貢いで最後に魚雷プレゼントされるだけでも香ばしいというのに・・・。

 事件を受けてのコメントで

「ある意味、日本が先頭を切ってでも・・・」

 なんですか?韓国が被害受けたら、日本が真っ先に突っ走って抗議でもするんですか?
 調査団の一員ですらないのに・・・

 こういう言葉の使い方する香具師の頭の中って、大体どんなのかわかるよね。
 ずっと前からそうだったが、そしてこれからもそうでしょうが・・・やはり鳩山由紀夫は”莫迦”ではなくて”おかしい”人なのよね。

(事業仕分け)
 昨日、真夜中に事業仕分けのビデオ見てたのですけど(今までテレビとかもあんまり見てなかったw)、初めてちゃんと事業仕分けの現場見ましたが、結構ひどいですね。
 事業仕分けについては散々多方面から評価と文句たらたらのようですが、昨日見た感じでは・・・

”間違った認識で、間違った議論が行われて、正しい結論にたどり着く”

 みたいなね。
 私も全部は分からんけど、だいたい分かる事業とかいくつか眺めてたら、ものすごく指摘が間違っているのがわかる。特にミンス議員の発言は間違ってるものが多くて、民間議員のたまに出る本質論のほうが指摘としては正しいですね。役所側は流石に勉強してるだけあって、事実解説に間違いはございません。その理屈が公明正大に言えるかどうかは又別ですがw
 というわけで、そんな宝くじがどうので先頭切って騒いじゃいけませんよw
 
 この手の財団や協会の仕組みは前から言っているようにそもそも論からいくとこういう事になる。

>権能を削減すること<
 役所がしゃしゃり出ていろいろ言ってくるには根拠があって、その元締めが省庁設置法なのよね。これを厳しく認定して、あらゆるところに口を出さなければならない状態を改める。そうすれば他の迷惑なルールの根拠も失われる。
 逆に言えば、世の中に存在するすべての事象は結局どこかの所轄になるのでしょうが、すぐに「行政は何をしているんだ!」と怒らないことですね。役所を攻撃すると、じゃあ今後こうしますと言って、焼け太りになるのが今までの通例でした。私も少なからず嫌なもの見ますたが、問題があれば通常のルールの範囲内・想定内であればその中で収めればいいし、それを超えるものには新たなルールを決めればよいのであって、そこに新組織を作る、あるいは既存の財団の役割を拡大するとかやるのは本末転倒なわけです。

 こういう事態になったのも、元はと言えば一部の賢い国民の皆様が騒ぐからでありまして(ry
 そして問題解決のプロセスが真に問題を解決することじゃなくて、”形を整えます”がありきで、機能云々はほっちらかしなんですね。

>天下りを過剰にやったのが許せないだけ<
 「天下りは許せない」という人は多いだろうが、わっちは天下りはやっても良いと思うのよ。実質役職定年制みたいなもんなんだから。
 だって、民間だって大手企業とかは平然とやってるし、52歳とか55歳とかで定年になったら、60とか65歳まで仕事探して貧乏で生きなさいってのは酷だと思うのよ。それを中小企業のレベルに揃えろなんて、それもそもそも無茶でしょ。
 そういうことやると、役所の中でうまいことやってグレーゾーンの横領とか起こると思うわ。

 わっちがいけないと思うのは、それを過剰にやったこと。
・理事長や常務理事なんかでみんな年収1800万とか2000万とか
・60超えても、65になっても、70になっても、75になっても・・・高額報酬もらい続けてる
・退職金が3回も4回も、しかも1発4000万とか

 こういうことやったら、そら怒られますわな。メガバンの幹部でもこんなのありませんで。
 しかも、積層しているから大量のポストが必要になってくる。

 ということは、役所の外部委託で機能してる財団に役職定年した人は給料下げて60才か62才かその辺まで雇用してあげて、それ以後は一切放逐するだけでだいたい問題解決なんですな。
 そういう常識が働かない役所の人事運用こそが問題なんであって、それに自治労やなんやかんやが絡んでいますが、そういう本丸のところは誰も手を入れないというか、しゃべった瞬間次の日には黙らされている。

 ミンスの議員どもは脅迫されまくりなんだろう・・・実際は。

 最近、日本経済復活のためには60-65才で大きな組織に属しているリーダークラスをパージするしかねえな、と思うこの頃。
 タイみたいに暴動起こして、その辺の人にはみんな死んでもらうしかw
 それは過激だから、平成の秩禄処分すればいいと思うのよw

 役所ゆかりのじいさんの年金や恩給に類するものをおJAL化すれば、それでいいんじゃねえの?
別窓 | リアル三百代言 | コメント:2 | ∧top | under∨
| 金銀妖瞳千里眼 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。