金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

手に入らない曲



 イケイケノリノリのこの曲。
 パチスロバーチャファイターのアキラ演武の曲みたいだけど・・・

 この曲って、手に入らないのかな?

※このレベルの使い手くらいになれるといいんだけどね・・・ムリポだね^^
スポンサーサイト
別窓 | 趣味 | コメント:0 | ∧top | under∨

富士通

 どれだけ莫迦であろうが、どれだけわけがわからなかろうが、どれだけ始末が悪かろうが、どんだけ赤字を出そうが、どれだけお父さんの噂が流れようが、つきあいが続いてしまうものがある。

 理由は「愛」だろ、愛w

(ただいま337円)
 確か5年前だったか、ITバブル崩壊と小泉改革の猛毒が作用したのか知らないが、富士通の株価が300円台前半に落ち込んだときのこと。大阪の谷町筋歩いていた時、

「富士通なんか倒産やで」

 とすれ違いざまに若い兄ちゃんが大きな声で隣の兄ちゃんに話しかけていたのがきっかけだった。

 当時、いろいろ調べてていろんな会社を候補としていたんだけど、富士通も最終候補に残ってた。でも、ハイテコだし、収益の見通しは計算はするけど私は門外漢だからよう分からんしで、どうにも始末が悪かったのが富士通だったのだが・・・この「倒産」って話を街中で聞いたおかげで

”よっしゃ、おもくそ買いw”

 とほくそ笑んでたんだよね。

 で、あれから景気が回復して業績も戻したおかげで1000円台まで戻したのだが・・・個人目標の1700~1800円に全然届かず、ただいま337円w

(往時の手割論)
 当時、富士通は関係子会社を上場させてた。持ち株比率とかの数字とはまんどくさいので割愛するけど・・・

富士通ビーエスシー
富士通アクセス
富士通コンポーネント
富士通ゼネラル
アドバンテスト
富士通フロンテック
ファナック
FDK
新光電気工業
富士通デバイス
富士通ビジネスシステム

 で、お約束の「富士通時価総額-持分時価総額」ってのを計算したら、富士通本体の実質価格は確か63円だったのよね。残念ながら、アドバンテストとファナックの貢献が大きいんだけどね。でも、収益力がほとんどないけど、富士通本体が63円・・・将来回復する時は来るんだから・・・これは激安だと思った。

(今の手割論)
富士通ビーエスシー
富士通アクセス(吸収)
富士通コンポーネント
富士通ゼネラル
アドバンテスト(年金基金行き)
富士通フロンテック
ファナック(年金基金行き)
FDK
新光電気工業
富士通デバイス(吸収)
富士通ビジネスシステム
ニフティ(取得)

 孝行息子のアドバンテストとファナック(道中、一部売却した)が年金基金へと行ってる。これをどう考えるかだが、両者の株が上がれば、自動的に富士通本体の退職給付引当金が減るのであるから、まあ富士通の価値に足し算しても良いかと。
 で、同じように計算すると、今の富士通本体の実質価値は154円とかになる(計算は雑なんで、細かい突っ込みは勘弁して~)。原因はアドバンテストとファナックの株価の下落がほとんどだ。

(もう少し粘ってみようかと)
 まあ、激安じゃないけど、単に安いって感じかな・・・でも、安いと言うなら他にも同じような株はゴロゴロある。往時と同じような激安を求めるなら、今は250円割ってくれないと困ることになる。
 この価格なら、5000株とか10000株とかで砲弾撃ちまくりとなると思うわw

 時価総額から考えると、7000億円なんだよね。
 営業利益+Depを2000億円(勘違い価格w)と考えると「はぁ?」ってことだし、1000億と考えても全然割に合う価格だ。そりゃそうだよね。

 今動かずに待つ値打はある・・・と思ってます。
 それまで派手に転んでね、愛する富士通たんw

※NECはダメだね。
 だって、京橋のNECビルの食堂のご飯がおいしくなかったんだもんwww
別窓 | 投資 | コメント:4 | ∧top | under∨

判断基準がまるでない構造改革派&応援団日本経済新聞

 構造改革派が教えを請う先生を間違えた事件はもう1つある。

(モノの判断できない人たち)
 2004年にローレンス・クライン教授(ペンシルバニア大学:ネオクラシカルの超大物)が日本に来たことがあってね。
 で、招いたのは日本のネオたんだったんだけど、後日、構造改革派も接触しましてね。その代表が中川秀直なんだよね。で、当時、なんでクライン教授と中川秀直が接触持つのか?って、お茶飲みながら元日銀の人と私は「変だよね~」って首かしげてたのよねw
 中川秀直は元日本経済新聞。クライン教授の愛弟子に熊坂侑三先生(ITE代表:元ニッセイ研究所)という非常に優秀な人がいるんだけど、この人も元日本経済新聞なんだよね・・・
 私はどういうルートなのかよく分からないんだけど、たぶん日本経済新聞が仲を取り持っているんだよね。で、日本経済新聞にはニュータント他まがいものがどっかと生息していて事実上中川秀直の応援団だ。

 この接触の後、中川たんはいわゆる「上げ潮論」を急に論じ始める。
 それはクライン教授も熊坂先生も「日本が成長できないなんて信じることはできない。日本の生産性を高めることができれば、経済成長する余地はある」と言ったからで、ITEの熊坂先生は自民党から経済改革プランの業務委託契約を結んでアドヴァイザーになってる(たぶん、今も)。

 で、クライン教授(熊坂先生も)が日本に対して言っているのは「財政支出拡大」なんだよねw
 でも、公共事業で箱モノとかを出すのはそこそこ出す程度でそんなに熱心でなくて、「相当金額を増額して教育投資(特に理科系)を増やせ」とおっしゃっておられる。これはネオたんが考える供給側の改革プランなのね。

 もう、笑っちゃうでしょ?
 たぶんね・・・中川秀直はクライン教授の処方箋を全く理解できないはずだ。財政支出なんてとんでもないと思っているはずだからw
 学ぶ先生を間違えてるよねwww

 だから、今、中川秀直は「上げ潮」を言ってないはずだ。そりゃそうだろう。もとから自分の主張と違うネオたんの出す処方箋に、自らのニュータント的思い込みの考えでは全く理解できないからだろう。

 中川秀直が頼るべきだったのはネオたんじゃなく、ニュータントを頼るべきだったのではないかな?
 でも、日本にはニュータントはほとんど生息していない。だから、頼るのはまがいものの外資系エコノミストとかその辺を頼りとするしかないし、その手の話を聞いておかないと自分たちが安心できないのだと思う。
 私が構造改革派が自分たちが何を基準に判断しているのか分からない連中だと確信したのは実はこの事件があったからだ。それ以後、もぞもぞ考えてた。頭が悪いもんで、ピンと来るまでに時間がかかったけど。

 そう理解すれば、中川秀直や小池百合子周辺にいる連中って、ホントにモノの仕分けがつかない連中ばかりなんだと思う。こいつらは本当に警戒した方がいい。麻生たんをけなすキャンペーンもその延長線上にあるだろう、どう考えても。

 だから、小泉的なるものとそれを支えたエコノミスト(竹中平蔵・高橋洋一他)は実は同床異夢じゃないのかって思う。あんな狂った連中とひとまとめにされて非難されるのは竹中たんも高橋洋一も相当不服なのだろうと思う。

 竹中平蔵はこの事態を前に財政支出を言ったしね・・・言うよね、ネオたんだったらw
 でも、中川秀直は財政支出を言わないね。

 同じ構造改革派でくくってみても、この差がわかるかどうかですよ・・・かつて景気回復キャンペーンを張った日本経済新聞さんw

「あなたたち・・・やってることもそうだし、言い方も雑ですよw」
 と私は素直に思いますよ。
別窓 | 経済 | コメント:0 | ∧top | under∨

節は曲げてはいけないな

 毎日毎日、麻生たんの揚げ足とりばかりでホント莫迦じゃないかと。
 麻生たん・・・なんか悪いことしたわけじゃないのにね。やってること考えたら不支持とはとても言えない。つくづく私は少数派なんだと思うわ。

(麻生たんとともに消えるのが武士ってもんでそ?)
 なにやら選挙選挙ってね・・・で、自民党では不人気麻生たんではもう選挙戦えませんからって裏でも表でも言う政治家が続出する始末で・・・ホント人間としての筋ってのはどうなってんのかね?

 ちゃんと大将麻生たんと運命を共にするのが自民党の政治家の勤めだと思うけどね。
 今さらもうどうしょうもないので腹くくれって、首はくくらんでいいから。

 落選するのも政治家の仕事だと思うけどね。
 どうせ負けるなら筋を通した負け方をしてもらいたい。そうすれば次に浮かぶ瀬もあると思う。

 我が身かわいさで動いたら・・・そういうのは国民は許さないね。

(ソフトバンク)
 充電失敗して、朝から電池切れ寸前の携帯電話・・・どうしょうもないのでお昼休みに近くのソフトバンクのショップで充電させてもらおうと思ったんだけど・・・

「充電できるって聞いてきたんだけど?」
「できますよ。お預かりになりますけど?」
「Docomoだけど、いい?」
「・・・」
「・・・」
「お客様、さすがにそれは・・・ここはソフトバンクですので・・・」

 そっ・・・そうだよね・・・節は曲げちゃいけないよね・・・
別窓 | リアル三百代言 | コメント:2 | ∧top | under∨

小泉純一郎最大のミス

 最近の麻生たんの非難のされ方って異常だと思うんだが・・・単なる揚げ足とりも良いところで、麻生たんがやっていることと言えば普通に考えて反対する理由は何もないだろう。定額給付金やるかどうなんか瑣末な話で、全体額が足りないんだから「次追加」ってのはまともな人間だったらそう考える。それを邪魔するミンス他雑魚なんか「お前たちゃ、何なんだ?」って感じですがw

 で、非難するやつはだれかと言えば、マスコミ仕分けでいわゆる「構造改革派」なんだけどね。でも、この構造改革派・・・自分で何を判断しているのか良く分からない事態となってる。

 そう思い始めたのは福田たんになってマスコミが「小泉・竹中」をまとめて非難しだしてからだ。で、小泉・竹中がだんまりを決め込む中・・・構造改革派が反論していたんだけど、訳の分からない反論になってた。なんかおかしいなって当時から感じてたけど、そのおかしさが良く分からなかった。

 で、たぶんなんだけど・・・

「教えを請う先生を間違えた」

 のではないかな?ってのが今の私の結論。

小泉純一郎最大の判断ミス?)
 小泉の登場は時代の要請でもあったから、一部認めるところはある。
 橋本政権下で「王道」を良いことに国民置いてきぼりの連中のせいで我々はひどい目に遭っていたんだから。で、反省して小渕-宮沢たんで盛り返したけど後半失速&急死-森タヌキでチ~ン・・・小泉はその辺ぶっとばしてしまったから、そっからすればどう見ても「覇道」だからね。

 ただ、ニュータント的「構造改革」標榜する小泉の願いは「郵政民営化」と「(小さな政府への)改革」って標語の実行だった。

 で、自分では理屈がわからんので、頼って口説いたのが竹中平蔵たん。
 でもね、竹中たんは構造改革派の主張とは違うネオたんなんだよね。業績と経歴とお友達調べればすぐわかる。ネオたんは需要側と供給側と両方考える人なので・・・改革しても両方成り立つにはどうしようかと考えるんだけど・・・

 で、示した処方箋が「不良債権は即刻処理しないと金融システムがダメになってしまう。それと今まで長年政府が需要対策ばっかりやってきて、それに対応するような供給構造(例:建設業肥大)になってしまった。このままの産業構造では生産性の向上はないし、じり貧で沈んでしまう。とりあえず需要側は現状維持で頑張ったままそのままにしておいて時間を稼ぎ、供給側の改革で経済成長できるような構造にすることが必要だ」ってことを言ったんだと思う。

 その供給側の改革を処方箋として出す竹中たんの言質を自分の「構造改革」とマッチすると判断したのが小泉なんだろう。供給側だけで考えるとネオたんもニュータントも表面は似てるんだよね、ちょっと違うんだけどね。
 これは小泉ミスったな・・・ニュータントじゃなくて、ネオたんに教えを請うてどうするの?って。

 でも、竹中たんがやったことはネオたん理論に基づく供給側の整備なんだよね。で、誰も指摘しないけど(なんで?)需要側だって考えてる。赤字公債増発して需要だってちゃんと追加してる。善兵衛たんが為替に介入して円安誘導してるの黙認してるし。
 金融機関の不良債権は斬るわ、赤字国債は増発するわ(30兆円枠の公約破ったでしょw)、教育予算の内訳変えるわ(教育給付訓練金増額:役に立つんか?w)、ほとんどの予算を切りまくったのに科学技術予算だけは増額するわで・・・マクロでやってることほとんど常識でしょ?旧来のネオたんができなかったことやってるわけよ。「さらに公債出して需要足せば良かったのに」って非難する人はいるけど、でも量の問題だけで方向同じでしょ?

 というわけでこの時代って小泉の皮かぶったネオたんの主とした供給側改革だったのよね、たぶん。
・・・この時、供給側に手を入れたのが良かったのかどうかは、もうちょっと時間が経って検証してみないと分からない。単なる需要追加だけで時間稼げたかどうか・・・わからんね。

 で、それを本来意見の違う「構造改革派」が拍手喝采したわけ。でも、ネオたん応援しちゃまずいでしょ?

 以上、あとからいろんな人の発言や取材をまとめてそう感じる。
 竹中たんは構造改革派からすれば「隠れネオたん」じゃないかにゃw

・・・続く
別窓 | 経済 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 金銀妖瞳千里眼 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。