金銀妖瞳千里眼

 投資と経済に関する閻魔帳^^

資産の分散について

”ちょっとぼかしているのでわかりにくいですが、ご容赦を”

(固定資産と固定負債の両建追加)
 ここ数年、ろくな投資をしていませんでしたが、去年、眠っているお金をちょっとばかし固定資産に変えました。同時に変動金利の負債もおっぱい追加しました。リーマンショック直後でありますが、相場としては買い急いだ感がないではありませんが、偶然にもこの度、固定資産からCFが発生することになりまして、一応、資産と負債のリスクリターンは帳尻が合うことになりました。

 この間、お給料の範囲内で生活するという原則からすればCFは非常にキツイ状態でしたが、バランスしたことから、7月より元のリスク許容度に戻します。
 いろいろ相場で遊ぶことはできそうですので、母艦を守りつつ日々がんがります。

 今、固定資産買うことには抵抗が強い人が多いと思いますが、わっちが昔から主張してます通り「帰る場所」は人間にとって必要なところなのですね。いろんな事例を見ても、帰るところを失った男は気が狂うように人生もボロボロになるのであります。よって、条件の良いところを押さえたつもりです。

 で、もう1つ理由があります。それは日本人が発狂する可能性はゼロではないと思ったから。

(自らの恐怖で自沈する)
 コロニー落として、「自らの行為に恐怖した」ってのはあるんだけどね。

 国債の累積発行額がすげーといい、国家の財政破綻といい、ハイパーインフレといい、いろいろ騒ぐ人がいますが、そんなものは基本的に起こらないわけです。ですが、この日本の財政状況は処置を間違えると上記のことが起こらんともわからん状態ではあります。その可能性は認めます。そしてその可能性を開くのは日本国民自身だと思うんですね。
 で、今の事態を例えるならこう思うんです。

 恒星って最後は膨らむだけ膨らんで爆発してから縮むじゃないですか?
 その末路はブラックホールになるか、中性子星or白色矮星になるわけです。

 ブラックホールってのは、自重力で自沈してもうハルマゲドンでみんなの資産と負債が全部清算されちゃうわけで、重力で自沈しない白色矮星なら重税国家って道筋なんですね。
 どっちになるかはわからない。恒星の大きさによるが、たぶん日本は白色矮星コースなのだと思う。

 今のところ、わっちの読みはこうなのですね。

「失われた10年」どころか「失われた20年」になる
 
 金利は低いまま、低生産性による低成長、重税国家へまっしぐら。理屈で考えると、こうなるでしょう。賢い日銀様が意固地やってる限りこうなります。
 こういう時は流動資産で持っておくべきなんですね、基本。

 でも、理論的に考えることと、実際に人間が行動するのはチト違うわけで、債務残高が史上前人未到の領域のさらに先に進んだ場合、やはり人の心に「恐怖」は生まれるのだと思う。そして、その恐怖が日本自身を押しつぶす可能性はあるとわっちは見た。

(そんで対策)
 国の債務のほとんどが自国通貨の場合、デフォルトってのは起きないが、インフレで名目で調整するって強引な手段はいつでもあるわけで、いろんな事情を組んだ上でそういった莫迦げた事態に対処しておいてもいいだろう。
 でも、現状、固定資産を買うだけでは資産運用上全く意味が無いので、可能ならCFを発生させ、逆側にはちょいと負債を追加して両建にしておこう。返済は最小限にしておく。もちろん繰上返済なんて論外です。これなら、将来どっちに転んでも対処はできるわけ。で、金利は変動金利にしておく。

 今「変動金利」でお金借りる香具師はアフォだみたいな論調がありますが、そんなことないと思います。失われた20年であれば、それでいいわけですし、勝率高いと思います。
 もし(キツイ)インフレになったら、それはそれで返しちゃうか、会社から低い固定金利で借りるという金利オプションも選択肢としてわっちにはあるんです。これはちょっと反則ですが、それだけわっちは有利ですw
 いずれにしろ、そこそこのインフレになってくれればわっちの固定金利負債は消し飛びますw

 というわけで、帰る場所程度の固定資産は今確保しておいても別に良いじゃにゃいかな・・・と思い、いろいろ仕組んでみました。
 わっちは今の状況に満足してるし、ちょっとついてる、と思ってます。
 というわけで、損しないように相場はがんがりますにゃ^^

※1つだけケチが付いているとすれば、伊丹廃港ですかね。これは考えてなかったwww
スポンサーサイト
別窓 | 投資 | コメント:0 | ∧top | under∨

劣化する新生銀行

 最近、静かにしてましたが、新生銀行を考えてますた。

 というのも、高額報酬の開示を嫌って、外国人取締役が続々と辞めてったって話だったので、ちょいとトラブルの悪寒がしたので見てみたのよね。辞めてった理由は政治的な理由=国が再支援しようかって時に外国人役員が高額報酬取ってたら騒ぎになっちゃうから、というものらしく・・・まあ、まともな理由とはいえず、感情的な面での対処であれば隙はあるのかと思ったもんで。

(株価89円)
 この数カ月の指数のランコルゲなどお構いなしの下げっぷりでありまして、もう日々の値動きもなくなってきたわけです。つまり・・・誰かが「処分しまくりんこ」ということなんですね。売りたいというよりは売る理由があるのでしょう。

 株価89円=時価総額1800億円

 MVA等どんな尺度持ち出しても、市場の評価は完全にお父さんであります。
 この価格は完全に増資要求水準なんですけど、増資できるんかしらん?

 発行済株式数は約20億株。潜在株式数はもっと多いのだろうか?
 1株100円で2000億円集めたら、新株は20億株になる。ここで理論株価半分でつね。ホントはもっと自己資本がいるんでしょうが・・・優先株とかでごまかしちゃう?

(もはや抜け殻?)
 決算を見てみたが、ちょっと銀行は普通の事業会社と違うので、見方はちとムズかしいのですが・・・要するに、収益率低下に伴う「資産劣化」を起こしているような気がします。他の普通銀行と比較して見たんだけど、新生銀行は資産劣化が激しい・・・そんな気がする。だもんで、国債とか債券投資増やしたな?
 一発逆転策で、みずほが嫌がっているソフトバンクの短期債権をむちゃんこ引き受けてみてはいかがでしょう。手貸で金利2%位取れると思いますよw

 新生銀行だからとか、そういう理由が昔はあった(振込手数料無料とかね)のかも知れませんけど、今そういうアドバンテージが感じられないのですね。
 外貨預金で一時鳴らしたような気がしますが、今はFXの時代ですしね。競争力はないわけです。住宅ローンも一時最安値でしたが、それも競争力がなくなってしまった。変動金利の仕組みローンみたいなことやってるんで、結構複雑です。
 かくいうわっちもユーザーですが、生活資金だけであまり預金は残しておりません。外貨預金など当然やらないわけです。振込メインの銀行・・・こういう使い方の人は多いんではなかろうか?
 
 日本長期信用銀行で盛大にずっこけてから、リップルウッドに買われて・売られてうっふんな時代から、再度、外資の支援を受けているのですけど、行内で働いている人の話を聞いていると、なんというか、「元気ないですね」って感じなんですよね。
 こういうのは末端が悪いんじゃなくて、経営者が悪いわけです。がんがっただけの見返りがないのでしょう。

 そういうのを受けての「役員退任」ですからね。
 一か八か、生まれ変わらんともわからんわけです。

(時限爆弾まで後2年)
 このままの赤字であれば、2年後に自己資本比率の規制でチ~ンとなっちゃうので、増資と言う援軍が必要な状態であります。「業務改善命令」なんて紙切れ通達受けて業績が戻るわけもなく、自助努力が必要な状態。
 この辺、政治的な動きのリスクも合わせて微妙ですねえ。再国有化の恐怖と増資地獄。

 つぶれないと踏むなら、リターンはありそうであります。最近の金融庁は莫迦じゃないから、新生銀行が騒ぎになる前に手を打つと思うんですが。あおぞら銀行が一歩リードのような気がするけどw

 というわけで、いろいろ考えたところで新生銀行への投資は「博打」と化しますが、そんなこと深く考えなくてもわかるわけで、悩ましいわけです。いくらであれば、博打に見合う価格になるのかと言われれば難しいですね。70円台なら、安いと思うんですけど、その差、時価総額でわずか200億ですからねえ。どうでも良い誤差なのかも知れません。要はタイミングですね。赤字が止まるとかの情報が出てからじゃ、遅いでしょう。

 オーバーバンキングと言うなら、事業部門ごとにどっかの銀行に引受させて、組織は解体しちゃうってのが筋なのかも知れませんけどねw

 儲けの種として取っておきますが、やるならちまちまやらずに一定単位以上でやるつもりです。やるならガンとね^^
別窓 | 投資 | コメント:0 | ∧top | under∨

意外と強いのねwww

 9850割れが基準と言ってたら、9850割れずに上へ帰って行ったが、雨の戻りが強すぎてその不始末にワロスwww

 おかげで最悪の価格での売り発動は免れるwww
 今日跳ねたのはお小遣いとして美味しくいただいたけどね。いや、食事にすると何キロ太るか分からないくらいですがw

(分水嶺かな)
 11月の月初はシステム上買いだとして、その後ですね。お休みはさむから・・・
 その後は上に逝けばサンタラリーとかになるのでしょう。
 下に言ったら地獄行きかにゃ・・・いずれにしろ、動きは出ると思う。といいつつ2か月以上過ぎたわけですねw

 ここ最近全く動きがないし、だらだら下げたり上がったりするんで、Distributionなのかと考えてしまう。幅広く売られているが、値嵩株のおかげで指数は維持される、でも、個人はみんな益を失って含み損でしょうw
 というわけで、上に逝って儲かる金額と、下に逝って儲かる金額を秤にかけると、下に賭ける方が儲かる感じがするんですが・・・もちろんガードをちゃんとして損を押さえますけどね。

 まあ、年末まではうまいこと立ち回りたい。
 9月10月これでは今年は大したことになりそうにないので、大下げは来年からでしょうからwww

 しかし、今年は大もうけってのがないな・・・今年もかw
別窓 | 投資 | コメント:0 | ∧top | under∨

要注視だにゃ

 雨はこのところ下げ続け、10/26に売りサイン出てからそのまま下げ。
 連続安なので、いったん反発すると思うが、そこの反発の強さで今後の方針決定。

 NKはまだサインが出てないが、下値割れを続けており、雨の戻りとともに戻った後を注視。戻りは叩いてみたい。
 前回10000割れは素早く戻ってしまって、戻り叩きは撤退させられてしまったが、今回2回目。
 個人投資家の心は揺れるだろうが、あんまり投げ売りとかならないかな・・・指数は維持しているが、実際のところ一部の値嵩株が指数を支えているだけで、ほとんどの株は下がっているので、前回の10000割れより個人は含み損拡大だろう。買ったファンドは売ってこないと思うけど。

 9850割れが絶対の基準

 今週一旦10000回復して、来週から下げ続けると最高の形w
 これだと買い方の心は砕けると思う。
別窓 | 投資 | コメント:0 | ∧top | under∨

カウンターで沈めちゃう?ソフトバンク

 ソフトバンクは相場の流れを見る上でも結構監視しているのだが、なかなかトレーディングとまでは行かないのが現状で、時々のお小遣い稼ぎにさせてもらってる。たまに痛い目見るときがあるんだがw
 で、まあ、最近まじめに投資の記事書いてないし・・・頭の中膨らんできたので、ちょっと雑感を書いて頭の中整理しようという具合。一時の倒産説も聞かなくなってきたしw

(決算)売上高2,673,035 営業利益359,121 有利子負債2,400,391
 相変わらずソフトバンクの決算は読みづらいのと、過去の事象を記憶していないと本当に分からなくなる。一見すると良い感じに見えるし、財務評価システムにかけると良い点数が出るんだこれが・・・でもね?というところ。やはり目で見ないとヤバイ会社だ。

(YAHOO!JAPAN)売上高 254,238 百万円 営業利益 125,098 百万
 コメなし。頑張ってください。

(イーコマース事業)売上高 258,184 百万 営業利益 4,636 百万
 コメなしw

(その他)売上高88,226 百万 営業損失194 百万
 コメなしwww

(YAHOO!BB)売上高 235,199 百万円 営業利益 47,253 百万
 減収増益・・・投資の回収時期。設備投資はいらないだろう。私だってそうすると思うから。
 ADSLで莫迦NTTを放逐した功績は認めるし、これは儲かったな。過去形なんだけど^^

(固定通信)売上高 363,632 百万 営業利益 18,968 百万
 うちの会社もお得ラインw

(携帯電話事業)Revenue1,562,890 百万 営業利益 171,389 百万 有利子負債1,184,853
百万
 まず確認しないといけないのが、携帯事業そのものが銀子シンジケートローンの担保に入っているということ。頭は確か三井住友銀子、他にドイチェバンクとか忘れた^^ これらのリターンのうち彼らの支払利息分は携帯電話事業のリターンとして勘案しておこう。
 で、事業は数字上順調に見えるが、純増数水増し疑惑で疑念は深まる。私は証拠は握ってないんだが、普段意味もなくドコモやAU・ソフバンのショップに入っていて、そんなに強いのか?という疑念はあった。法人用のトランシーバー代わりなのかとも思っていたのだが。
 現在、ソフバンは基地局増設計画が割当制みたいになっており、必要なところに全て工事が行きわたらない状態になっている。今年度の投資予算が全然ないらしい。まだ第1四半期ですよ!カテジナさん!
 Docomoは余裕、AUはWiMAX(採算は別として)の基地局工事に邁進中。基地局は5000~7000万/基かかるので、ソフバンの基地局予算300億円では全部使っても全国で600基しか建てられないことになる。つまり、今年度はケチりだしたということだ。投資回収時期?それはないはずなんだ・・・永遠に設備の増強は続く・・・

 雑に計算すれば営業利益1700億+減価償却費2100億+支払利息500億(推定)=4300億の価値
 ざっと8倍で3兆円がトータル価値として、そっから負債2兆円とか引いたら、1兆円・・・更に引くと(ry
 う~ん、エクセル使わんと分からんw

(担保地獄?)
 資産から担保と債権流動化した分を引いた、自由に処分できる資産って?と考えてみた。

現預金4580億→2450億
売掛金8580億→5460億→3240億

 他にADSLの将来債権もSPCに飛んでるみたいw
 結構、流動資産というか、当座資産ないんだねえ・・・ここから設備投資するんだよね^^

(どんな感じ~)
 有利子負債の高・・・これは年商規模だからねえ、レッドカードw 保全されているのは9000億。
 支払利息ってばさ単純に計算して4.68%・・・高い?安い?でも、今度の社債は5%で売れ残り。妥当でしょう。
 Dep&Amokは3000億。立派と言えば立派だが、定額法。で、年に2400億新規投資して、2400億円減価償却しているという計算になる。つまり(ry
 のれん9560億・・・これは償却派と価値維持派がいるけど、どうなんでしょうね。

 で、一番気になるのはYAHOO!を財布代わりに使ったこと。つまり、YAHOO!がないと資金繰り来たんじゃないのか?ってのは当たりだろ。YAHOO!は簡単に崩れないと思うんだが・・・おかげでYAHOO!のBS痩せちゃったよね。手元現金370億^^

 といろいろ考えればこの会社・・・要するに兵站伸びきったってことじゃないのかな?
 今、設備投資抑えているからこんなもんだけど、携帯に新規格を入れようとするとさらに負担は増すわけで、マネージ側が大規模な新規投資を15年まで行わないと宣言するのはまともな神経と言える。社長は弾んじゃうようだけどw
 何か1つ事件があればそれは一瞬にしてパーンってのはありうる話だ。もちろんお父さんというわけじゃないけどね・・・で、水増し疑惑?ってのはきっかけの本筋じゃないと思うけどね^^

 まあ、ただいま時価総額2兆円・・・こっからYAHOO!の価値とか考えていくんだけどね・・・たぶんというかやはりというか、この価値はないはずなんだw
別窓 | 投資 | コメント:2 | ∧top | under∨
| 金銀妖瞳千里眼 | NEXT